« 初めに行ったのは眼科 | トップページ | 試したもの① »

2006年6月22日 (木)

紹介された内科クリニック

眼科の先生に紹介されて行った内科のクリニック。

問診と触診、聴診器に血液検査。左わき腹に違和感がある訴えからすい臓付近のエコーも。

しかし、結果異常なし。問診の時の就業スタイルから先生いわく、

「精神的な疲れから来てるものと思う。検査の結果は極めて健康。まずは睡眠時間の確保が大事です。」

当時、残業で深夜1~2時まで会社にいることは日常的で慢性の寝不足(3時間程度)、休日出勤も多く、たまの休みの時は遊ぶ気力も体力も残っておらず泥のようにひたすら眠るという、気分転換を充分にできていない悪循環の生活でした。そして、寝ても寝ても寝た気がせず、体の違和感と共に、日中、現実感が薄い感覚が続いていました。

その点を指摘され、首から肩のコリに対しては貼り薬、そして精神安定剤を処方されました。

生まれて初めての精神安定剤。

すこし複雑な気分と、明らかに体の不調を感じてるのに「異常なし」という現実に対しての不納得感を持ちつつ、クリニックを後にしました。

« 初めに行ったのは眼科 | トップページ | 試したもの① »

心と体」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紹介された内科クリニック:

« 初めに行ったのは眼科 | トップページ | 試したもの① »