« メメント・モリ | トップページ | 試したもの⑮ »

2006年7月22日 (土)

お世話になることになった針灸整骨院

たまたまインターネットでリストアップして、

たまたま一番初めにコンタクトをとった針灸整骨院。

そもそも、カイロに通っていたのに針灸整骨院を探したきっかけは、

カイロプラクティクを継続していくには経済的に厳しいので保険診療もしてくれる可能性があればありがたいと思ったこと、

整形外科の先生にカイロはダメといわれたこと、

この2点が理由でした。

それで、初めてその医院を訪ねました。

入ると、ラベンダーのいい香り。室内の色合いもすごく落ち着くやさしい色合い。

受付の方の、自然でとても温かい挨拶。

入り口に入った途端に感じる安心感。

「医院」とは全く感じさせない雰囲気の、私ひとりしかいない待合室でしばらく待った後、

その待合室で前の方の施術が終わった先生と問診。

その、「全てを受け入れる」空気を持った先生に安心して、痛み出してからここ数年の流れと、服用している薬と、リラックスしてお話できました。

そこの先生は、針灸整骨だけでなく、酸素を体に取り込む機械とかNASAで開発された治療器とか、色んなものを取り入れておられました。

問診の結果、私自身も興味を持ったこともあって、結局保険適用にならない施術を受けることになりました。

ひとつは、NASAで開発された機械。

もうひとつは、“トレガーアプローチ”というボディーワーク。

この二つは、4月からは毎週、今でも受け続けています。

痛み自体はなくなっていませんが、自分の体との付き合い方を、施術だけでなく先生との会話も通じて、つかんで行っている最中です。

私の場合、長く続いた痛みから、自分の体を「自分」と感じることが出来ていない自覚があったのですが、

「自分の体を感じる」という事を“再教育”しているといった感じです。

痛みやストレスなどのため、自分の体の感覚が鈍くなっているような方には、この“トレガーアプローチ”というボディーワーク、是非試してもらいたいな…と思います。

« メメント・モリ | トップページ | 試したもの⑮ »

心と体」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お世話になることになった針灸整骨院:

« メメント・モリ | トップページ | 試したもの⑮ »