« 試したもの⑦ | トップページ | 試したもの⑧ »

2006年7月 6日 (木)

痛みは強くなる一方のある日

これだ、という方法が見つからないまま、

定期的にカイロを受けたり、アロママッサージを自分でしたり受けたり、

ツボ押し器で痛みを紛らわしたり等をしつつ、

その一方で、痛みは強くなっていく一方でした。

「まだ、今日は痛みがあまり感じなくてマシ」な日というのがそれまであったのが

目の焦点が合わないようになって2年経とうとしていた頃には

マシな日は全く無くなり、痛くてベッドから起き上がれない日が多くなってきました。

そんなある日、いつも痛い左側とは反対の、右の腰から右太ももの外側が夜中に痛くなり

目が覚めました。

左の痛さとは種類の違う、「はっきり痛い」。

結局朝まで痛くて寝れなかったのですが、起き上がることはできたので

会社に出勤したものの、じっとしてても「はっきり」痛いは、歩くこともままならない。

それで、仕事を途中抜けさせてもらい、近くにある総合病院に行きました。

総合受付に立ってる看護師長さんにどの科にいけばいいのか伺い、車椅子をお借りし、

その日は整形外科を受診することになりました。

これが、その後違う展開になるきっかけになり、精神的に救われることになりました。

« 試したもの⑦ | トップページ | 試したもの⑧ »

心と体」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛みは強くなる一方のある日:

« 試したもの⑦ | トップページ | 試したもの⑧ »