« 試したもの⑫ | トップページ | 試したもの⑬ »

2006年7月16日 (日)

強い“うつ状態”といわれて、実は

精神科で、「強いうつ状態」と言われて、

複雑な気持ちの反面、

実は、心のどこかで「やっと受け入れてもらえた」という気持ちがあったのが

正直なところでした。

今のこの痛みも、あまりにも長く続いた強いうつ状態が、

体をぐっとこわばらせ続けることになって引き起こしたように

思っていました。

でも、今となっては、ともかく「痛い」。この「痛い」こと自体が、精神的に苦痛。

それが、この抗うつ剤で少しでも軽くなるならありがたい…

というのが、複雑な気持ちの中でも正直なところでした。

そして、その日から生まれて初めて、抗うつ剤を飲み始めました。

« 試したもの⑫ | トップページ | 試したもの⑬ »

心と体」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強い“うつ状態”といわれて、実は:

« 試したもの⑫ | トップページ | 試したもの⑬ »