« 心実 | トップページ | 痛みは強くなる一方のある日 »

2006年7月 5日 (水)

試したもの⑦

アロマオイルに懲りだして、

インターネットでアロマ関係の情報を探す事も楽しみの一つになりました。

そのときに偶然見つけたものがあって、それも試してみることにしました。

バッチフラワーレメディ23:OLIVE/オリーブ2本で送料半額!3本で送料無料!0626祭5 バッチフラワーレメディー。

1936年に英国の医師であり、細菌学者であったエドワード・バッチ博士が生み出した、
感情や精神のバランスを取りもどすための花や草木など、植物が持つエネルギーを利用したシンプルな『癒しのシステム』だそうです。

「バッチ博士はその終生を人の病気を癒すことに捧げましたが、病気を治すためには健康的な精神が回復の鍵となると考えていました。そこでハーブの力に注目。心と体と精神のバランスを取り戻す助けをし、個々の人間に本来備わっている自然治癒能力を高める目的バッチフラワーレメデは作られました。」そうです。

副作用もないし、飲み物に数滴たらして飲むのを1日数回繰り返せばいいだけなので

「精神的、肉体的に疲れきっていて、消耗しきっている」状態に効くといわれている

“オリーブ”を試してみることにしました。

試してすぐに効くというものではないですが、

思えば、人と普通に話す事自体にもパワーレスな状態だったところから

少しは脱出できる手助けになっていたように思います。

私は、何の知識も得ないままホームページの情報のみで購入しましたが、

カウンセリングや、最近、精神科のクリニックでも取り入れてる先生が出てきてるそうです。

痛み自体は消えませんでしたが、

痛みはあるは、毎日ハードワークで寝不足・過労は続くは、会社からは治せ治せといわれるは、病院を転々と回っても原因は見つからないはで

まさに「消耗」しきっていた状態だったので、これに少し助けられた気がします。

本当は、本などで調べるか、これを扱ってるカウンセリング窓口等で相談して試すほうが自分の状態にあったものが見つかるのかもしれませんね。

マイナス感情をプラス感情に変える―バッチ・フラワー・レメディの実践法 Book マイナス感情をプラス感情に変える―バッチ・フラワー・レメディの実践法

著者:浅見 政資
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典 Book 花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典

著者:ゲッツ ブローメ
販売元:東京堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 心実 | トップページ | 痛みは強くなる一方のある日 »

心と体」カテゴリの記事

試してみたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試したもの⑦:

» バッチフラワーレメディー [バッチフラワーレメディーの書籍はここから買いましょう]
[続きを読む]

受信: 2006年8月 1日 (火) 14時38分

« 心実 | トップページ | 痛みは強くなる一方のある日 »