« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

また「無」計画・・・に・・・

またもや、やっちゃいました。

「無」計画グリーン化の材料入手…

もうふた鉢もうちの子として住んでいるというのに

フィカス ウンベラータ値下げしました!0929祭10 フィカス ウンベラータ。

だって、だって、目玉が飛び出るくらい安かったのですもの・・・・

60~80センチ程度の背丈があって、1000円でおつりがくるなんて、

しかも、写真を見ると2~3本はえてるようにみえるし、

どう考えたって、破格値だったんですもの…

おまけに、私がずっと欲しかった

ザミア(Zamia furfracea)   ザミアプミラまでもが超破格値…

はい。衝動買いしました。昨日夕刻に。

あああ…冬越しどうするんだぁ・・・????

| コメント (0)

2006年9月29日 (金)

よろこんでもらえたアクセサリー

先日、リクエストを受け、うんうん悩んだ上つくったアクセサリー。

悩んだ結果、選んだ石は

タ-コイズ 長方体 8x19 mm 1本売り  天然石 タ-コイズ  サイコロ 4X4mm 横穴 1本    ターコイズ。

他の石と組み合わせるとか、そういう凝った事はせず、

同じ石で、ビーズの形を数種類色々組みあせて、糸をつくって結び目を見せつつ

2連ネックレスにチャレンジしました。

本当は3連にしたかったのですが、どうしてもバランスをうまく作ることことができず、

2連だと、なかなかの出来栄えになって、

また、ビーズ形も数種類入れることで動きもでて、

かつターコイズだけどエレガントな雰囲気にできました。

ヒントをくれたデザイナーさん、ありがとうございます…m(_ _)m

なぜターコイズにしたか。

それは、なにかでみたのですが、ターコイズの「お守り」としての石の効力は、人にもらったものの方がより強くでるそうなのです。

(ネイティブアメリカンでは家で代々受け継がれる石で、父親が息子に渡す風習があったところからきているそうですが)

それが決めてでした。

丁度同時に色んな形のターコイズのビーズを手に入れれそうなネットショップを見つけることが出来たので、そこで早速色んな形のものを入手して、

(ついでに他の石も色々入手して)

あーでもないこーでもないとつくりました。

そして、昨日、別件でお会いした際にお渡ししました。

そうしたら、色もデザインも思いのほか喜んでいただきました。

旅行のときに早速つけていただけるそうです。

あああ・・・・・・・よかったぁあああああああああああ。

しかし、悩んだ際に、経済的に苦しいことも忘れて色々買い込んだ石がたまり、

実はそれ以外にもここ数日で急激につくったアクセサリーが増えたのでした…

どないすんねん???

自分で全部、つけれるのかぁ????

いっぺんバザーかなんかで出してみよか…にしては数が足りないか…というより

売り物になるのか…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

9月ももう終わりかぁ

休職期間に入ってから、心身ともつらかったのがこの9月。

7月は、休職期間入ったばっかりだったということがあったり、

休職して直ぐに何回か出勤したり、北関東に住んでいるの針灸師の友人のところまで行って針うってもらったり、ヨガ始めたり、

それに、休職期間1ケ月 という区切りがあったので気持ちもまだ新鮮(???)なところもあったのでしょう。

8月に、結局延長になったときは、お盆があって、実家に帰ったり久しぶりの友人と話す機会があったり、

石に興味持ち始めたり緑化「無」計画が始まったりなど、

自分の中で気持ちの切り替えを出来るようにまだもっていけたのですが、

この9月は、正直つらかったです。

本当は、私、この9月って、一年の中で一番好きな月なんです。

暑さに弱く、夏はいつも汗をダラダラかいて(汗かきの男性並…)

その暑さから開放され、爽やかな風が吹き始めるこの月が大好きなのです。

それが、この体調は、それがダメだったようで、

9月はともかく調子を崩しっぱなしで体の違和感がこれまでと比べて一番強く、

ともかく起きてその違和感を感じることが苦痛で

家に引きこもり、横になっていることが多かったです。

そうなると、頭が本当にうごかず、「何をしたらいいのか」わからなくなりますね。

何をしたらいいのか。

うっかりすると、ご飯を食べるのを忘れています。今日が何日かわからなくなります。

そんなことより、「違和感が気持ち悪い」というので、おきているのがいやになってしまいます。

そんなで、今月はヨガも休んでしまいました。もったいない…

なので、7・8月と比べて、人と話している時間の少なさがハンパじゃない。

独り暮らしの自宅療養の危険さを、痛感します。

睡眠障害というんでしょうか?リズムがむちゃくちゃ。

ある日は朝まで起きていて、ある日朝にちゃんと起きても昼には寝てしまっている、

1日ちょっと動いた時の疲れ方が、これまでと違う。おきてられない。

・・・この生活・・・ボケるぞ・・・絶対・・・

来月は仕事はともかく、「通常の生活」へ戻るリハビリ期間にしたいと思います。

頑張らないようにしながら。

しまった、またこんな時間までおきちゃった。

寝ます。明日は、ちゃんと、朝、起きよう。

ベランダの植物たちが、朝ごはんを待っているぞ。

(↑ また増えました)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

またみつけちゃった石

また、キレイな石をみつけました。

今回は、「天然石」のカテゴリーに沿った内容、「水晶」のパック。

たまたまネットでみつけたものの、

まぁ、こないだ買った鉢土化粧用の土にも水晶が(どれか正確にわからないといえど)まざってるってかいてたし、

水晶のクラスターも持ってるし。

たしかにもうちょっと、こう、家の中の空気が爽やかというか、軽くなって、

多少調子が悪い程度の日なら、積極的に動こうという気分がもてるなら

もすこし、水晶のクラスターか、原石がほしいなぁとは思ってましたが、

今の私はお財布の紐を固くしておかなければいけません。

でも、まぁ、みるだけ…と思って、そのページをみてみました。

チベット産水晶原石1キロセット  チベット産の水晶原石 1キロパック と

ブラジル産 水晶原石1kgセット ブラジル産の水晶原石 1キロパックがありました。

1キロだって~。1キロなんてあったら、やすいっていったって、7千円から1万円するんとちゃう?

なんて思って値段見たらびっくり!

1キロパック、2500円!!

石は重いったって、水晶1キロって、結構な多さなんとちゃうの????

とびっくりして、

はい、買いました。送料払ったって、安いよう。

で、届きました。私は、形がいろいろありそうなチベット産にしました。

届いて早速、塩水に24時間浸して休ませてあげて、

よーーーーーーく水で洗ったあと、

先日買った鉢土化粧石で化粧した鉢たちに、一鉢一個ずつ置いてあげました。

(ちょっと元気がないとか、ちょっと小さめの石の場合は2~3個)

かわいいですよ。鉢の植物たちが、それぞれ自分の宝物を懐にもってる感じで。

写真が載せれないのが残念だなぁ。

もちろん、それでもまだまだあって、ガラスなどの器にもって玄関やらリビングやら寝室やら廊下やらトイレやらお風呂やら…(一言で言うと家中ですね)に飾ってます。

なんか、急に宝物がたくさん出来たみたいで、ちょっと楽しいです。

形もいろいろあって、中にはとても透明だったり、虹がはいっていたり、ポイントが両方あったりなど、そんなのを見てるだけで、かーーーーーーーーーなり遊べます♪

それぞれ宝物を懐に抱えて、グリーンたちは元気良く育ってくれるかなぁ~♪

私も、これから飲み水ボトルに水晶いれてみよ。

| コメント (0)

2006年9月25日 (月)

自作のアクセサリーを自慢したところ

ある日、会社から渡す書類があるということで

様子伺いがてらに役員(女性)が家の側まできてくださいました。

その日の前後も、休職延長に手続きや数日出た給与明細などなど

割とよく顔をあわせては、お茶やランチをご馳走になったりしていました。

なので、近況はいろいろ報告していて、

家で、ともかく精神的に手軽に達成感を得られるからアクセサリーを体に支障ない程度につくってる事も報告済みでした。

そして、その日も、お茶をご馳走になっていたところ、

丁度、先日作ったスモーキークォーツのネックレスをしていて、

「うっかり」自慢をしてしまいました。

はじめはびっくりされ、とてもほめてくれました。

もっと見せてといわれて、ネックレスを外して手渡しました。

結構デザインに悩みながらつくったものだったので、

ほめてもらって、しかもそんなにじっくり見られたら悪い気がしません。

「自分でも、ちょっといい感じに出来たと思って、結構お気に入りなんです。」

なんていったりして。

興味津々でいろいろな角度から見て、「ありがとう」といって返してもらった直後、

一言

「私にもなにかつくってよ」

!!!

やばい…そういってもらえるのはすごく嬉しいけど、

自分の身内のもつくるのにすごくすごーーーく悩んだのに、もっと悩む…

「どんな石がいいです?なんでしたら、色だけでも…」

というと、

「うーん、わからへん。任せるわ」

うわーーーーー。一番悩む言葉・・・

この方、結構センスいいんですよねぇ・・・・いい服たくさん持ってるし・・・

どうしよう、どうしよう・・・・  もうあそこの店頭売りしているお店も閉めちゃったし・・・

それから、何週間にもわたって、PCを眺めてはうなり続ける事になりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

キレイな石、みーつけた!

タイトルは「石」ですが、内容は緑化「無」計画です。

我が家にワサワサーと増えているグリーンたち。

鉢土は、室内用につくられた色んな用品がありますが、

私の場合は、以前から家にある土を再生して使っているため

全部「土」。

しかし、鉢から土が見えていると、室内ということもありなんとなく気になるため、

ほとんどの鉢に、なるべく鉢の雰囲気とちぐはぐにならない色の石をかぶせています。

しかし、鉢が一挙に増えていったために手持ちに持っていた化粧用の石が少し足りなくなり、

ある日、買いに行きました。

しかし、現在休職期間。7月分の健康給付金の振込みも遅かった事に加え、

8月分も9月の下旬になろうという今でもまだ振り込まれていなくて、

経済的にちょっとしんどいと感じているところ。

インテリア雑貨のお店などを覗いてみると、350ml缶程度の量で安くて250円、高かったら400円くらいする。

ひとつではもちろん足りないから必要な分買ったら、1000円くらいかかる。

しかも、また増えちゃったら(増やすのか?)それでも足りない。

なんだか…もったいない。というより、高い。

ということで、何かのついでに石を探しては買うのを止め、を繰り返していました。

そんなある日。

ここに載せる写真を探すためにネットをみていると

(今、SDカード読み取りの機械が調子悪く、PCに取り込めないのです)

見つけちゃいました。魅力的なものを。

 

【化粧砂利・同梱不可】ONYX(オニキス)水晶入り天然石・10kg 色んな色の石がミックスされている石!

ガーデニングをしている場合、庭の立水栓の排水口の化粧につかったり、

もちろん鉢土の化粧につかったりできるものなのですが、

私が何に反応したかというと、商品名が、

「ONYX(オニキス)水晶入り天然石・10kg」

「水晶入り」!?

確かに同じ店舗で売ってる他の石に比べて割高ではあったものの、

雑貨屋でチマチマ買い足していくことを考えたら、比べ物にならない安さだし、

しかも、水晶入りですよ!

水晶は、植物の育成にも効果があるそうなのと、

鉢の中に水晶をいれておくと、その鉢に植えられた観葉植物がその空間を浄化してくれるとか。

(家を建てる前に塩をまいたり、水晶のカケラや粉を埋め込むのと考えが同じでしょうか。)

商品の名前も「オニキス」。メノウかなぁ???メノウや水晶発掘の時にでたガラかなぁ??

迷わず、買いました。

届きました。量にびっくり。

既に家の半分の鉢にはこの石で化粧をしてあげました。

とたんにゴージャス感がでていい感じです。

以前ポプリをいれていて、きたなくなったので捨てた後の器に盛ってみました。インテリアとしても素敵です。

「これが水晶か?」と思われる、少し透明感がある白い石をピックアップして、使っていないワイングラスに入れてみると、これもきれい。

それだけつかっても、まだ半分!

モンステラとクワズイモを、もうすこししたら大き目の鉢に植え替えてあげようと思っているので、その時にもこの石で化粧して、

あとは、トイレのタンク上の手洗いにひいて…

と、まぁ、ともかく、ちょこちょこ買ってることを考えたらずーーーーい分なお安いお買い物でした。

| コメント (0)

2006年9月23日 (土)

アクセサリー自慢をしたところ…

糸をつかったアクセサリーの練習をまだまだせねば…

でも、気に入ったのが出来ないと意気消沈して、やめちゃうかも。

ということで、

教えてもらったデザイナーさんがお店に出していた商品の中で

気に入っていたもので、かつうろ覚えしているデザインを参考に、

更にシンプルなデザインにしてつくりながら、あれこれ「研究」してみようと考えました。

同じ種類の石で、あまりこった形でないビーズを2種類用意して組み合わせてつくる。

もちろん、一連ではなく、2連か3連にチャレンジ。

選んだ石は、「長期療養の快復を助ける」といわれている

スモーキークオーツ 4ミリ 約38cm  スモーキークォーツ。

このスモーキークォーツ、どうしてこのような発色になるかはわかってないそうなのですが、

地中で放射能を浴びてなると考えられているそうです。

中には、普通の水晶に放射線を人工的に浴びせてスモーキーな色にして売っている事もあるそうです。

その放射線、ラジウム温泉などにも微量にでているそうですが、放射線も微量だとむしろ健康にいい「らしい」のです。

まぁ、そんなで、スモーキークォーツの茶色っぽい色も好きでしたし、健康にもよさそうということで選びました。

しかし、やっぱり2連、3連となると、難しい…どうしてもバランスがうまくいきません。

結局、3連にしたものの、長さを微妙にずらすとかいうことはやめ、3連とも簡単に同じ長さで“ジャラジャラ”感がでる形にしました。

すると、これが割と、いい感じ。 結構気に入りました。

違う形のビーズが組み合わされているというのも雰囲気を出してくれているポイントでした。

(デザイナーさん、デザインを盗んだわけではありません・・。あくまでも参考にさせてもらいましたですm(_ _)m)

まぁ、とっても気に入ったものですから、ブレスレットとピアスも作りました。

そうして、作っていったものは、百貨店のアクセサリー売り場に行った際には必ずどれかをつけていって、

チョッと反応を見てみたり、感想を聞いて見たり、相談してみたりしてみます。

そのほか、人と会ったら、ちょっと自慢までしたくなってきました。

それが、その後、再度プレッシャーがかかることになるなんて…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

喜んでもらえると嬉しい!

夏の間、自分が作ったアクセサリーの中でも比較的出番が多かったのは

ルチルクォーツ タンブル(L)17×11mm(ラフ仕上げ) ルチルクォーツのタンブル型ビーズをつかった

ネックレスでした。

ルチルクォーツも、肩や首の痛みとかにきくのかなぁ?

つけていて気持ちがいいのと、

持ってるTシャツの襟ぐりの開き具合とのバランスが丁度いいのと、

シンプルでラフな格好でも、これひとつつけるだけでラフさに引き締まりが出るという感じだったので、必然と出番が多かったです。

お盆前に親戚に呼ばれて母と一緒に行った時にも付けていきました。

すると、母親も、このルチルクォーツの原石っぽいゴツゴツ感がとても気に入り、

更に自分で作ったことをいうとちょっと驚いた感じで、

その日1日中、「いい感じやなぁ、そのネックレス!」とほめてくれていました。

そして、お盆に実家に帰ったとき。

やはり「いいなぁーいいなぁー」としきりに言う母。

そして、とうとう本音の言葉。「私もそんなの、ほしい」。

そのルチルクォーツのは、どうしても自分自身も体が気にっている感じだったので譲れないと思い、

自信はなかったものの、「じゃぁ、別のん作ってプレゼントしてあげる。」

と答えました。

さぁ…自分のものだと気楽にいろいろ出来るのだけど、人のになると、これが結構迷う。

どんなのがいいのかと聞くと「そんなの」しか返ってこないし、

これは特別展示で偶然見つけた石だったので、

こういったゴロゴロ感のある石を目で見て選べるところ、知らないし…

それに、自分のじゃないから、気に入ってもらえるか心配…

うーんうーんといいながら、以前ネットで購入したお店のページを実家のPCで見てみると、

写真ではわりといい感じの「ウィスキークォーツ」の一連売りを見つけました。

しかも、そのお店で以前買った石は、

小さい安い石だったけど粒がそろって表面もとてもきれい、

梱包もとても丁寧で、お店と商品には好感をもっていたので

気に入ってもらえるかどうかは別として、商品は間違いないだろうと思って、

買ってみました。

そのついでに、ちょっと小振りではあるものの原石っぽい雰囲気が良く出ているシトリンナゲット 8-10ミリ 約38cm シトリンのナゲット型のビーズ一連売りもみつけ、

その他、自分が遊ぶようの安めの石と共に購入。

届いたら、石それぞれは想像以上にきれいで、石自体とても気に入りました。

しかし…小振りのため、母の言う「そんな感じがいい」というものをつくれそうにありません。

でも、自分用にかった安い石と、ウィスキークォーツという石を組み合わせると、思いのほかシックでいい雰囲気のネックレスが出来上がりました。

でもリクエストとは全然違う雰囲気。

シトリンナゲットをつかって、なんとかできないものか…

そう悩みながら数日過ぎたある日、

偶然、天然石ビーズを豊富にあつかっていて、一連売りもしているお店を見つけることができました。

しかし、もう数日後には閉店するというので(後日、急いでブラッドストーンを買いに行ったお店です)、

意地でもそこで、なにかいい石あれば探し出そうと思って、時には座り込んで探していたところ、

シトリンの、ゴツゴツ感のあるキレイな大振りの石を見つけました!

鏡であててみても、存在感もそこそこあり、いい感じ。

迷わず、それを買って帰りました。

ただ、このままだとちょっと色が明るすぎて、母ぐらいの年齢だと落ち着きがなさすぎてつけるのが難しいかも。

で、自分のルチルクォーツのネックレスと同様、石の間に手持ちの

タイガーアイ 4ミリ 約38cmタイガーアイ 4mm玉を入れて、

シトリンの明るい黄色に少しアクセントをつけるような感じにして、

あとは、肩から首の後ろに当たる部分がボリュームの出過ぎないように、

買っておいたシトリンナゲットをつなげてつくってみました。

想像以上にタイガーアイが全体の雰囲気を引き締めてくれて、

これだったら洋服もそう選ばずにつけてもらえそう。

そして、出来上がったネックレスを2本、実家に送りました。

すると、後日、会う機会があったときに着けて来てくれました。

自分で言うのもなんですが、改めて見ると、ちょっと素敵な感じでした。

本人も気に入ってくれている様子です。

実は、石が余ったので自分用にも他の石を組み合わせてネックレスを作ったのですが

母にプレゼントしたほうが、出来映えはよかったです(笑

初めて自分以外の人に作ってプレゼントしましたが、喜んでもらえるのはとても嬉しいです。

また、人にプレゼントするためにつくるのが、とてもプレッシャーになることがよくわかりました(汗

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

糸を使ったアクセサリーづくりの練習

先日、あるデザイナーさんに教えてもらった

レース糸・細 No.20(黒)【楽天シニア市場】  こういうナイロン製のレース糸を買ってきて、

これまでつくったアクセサリーの内、ちょっと不満足のものを作り変えてみることから

練習を始めました。

まずは、以前糸が切れてしまって、道具を買ったときに

ナイロンコートワイヤー[約4m巻]  ナイロンコートワイヤー をつかって作り直した、

美しいブラック系マルチカラーの淡水真珠ネックレス(8.5~8.0ミリ) 淡水パール(黒)のネックレス。

パールの間に、丸やっとこや針をつかって、結び目を入れるようにしてつくってみました。

そしたらまぁ!

ナイロンコートワイヤーで作ったときとは違って、石と石の間にクッションができるし、

糸とおし穴へのあたりもソフトなので優しそうで、

とてもしなやかないい感じに仕上がりました。

糸とおし穴へ糸を通すことも心配だったのですが、比較的スムーズ。

「あら、私、できるじゃない♪才能ある?」

調子付いた勢いで、次は、以前ビーズをかってつくった

ブラックトルマリン 4ミリ 約38cm  ブラックトルマリン のロングネックレスに手をつけました。

すると…  このビーズ、糸とおし穴が大きくて、結び目でとまってくれない… 

しかし!

ダテに子供の頃、趣味で木工作や手芸全般をやっていたわけではありません。

こんなときには、あるもので「工夫をする」という発想にすぐつながります。

この時もある「工夫」を思いつきました。

それは、

“糸を2重にする” 。

たいした工夫でもありませんが…

でも、2重結びにするよりもずっとキレイに仕上がったと思います。

穴が大きかったので糸を2重にする事でビーズに安定感がでて、

しかも、表から見える糸の部分は結び目のみ。

その結び目も均一になって、けっこうキレイに出来上がりました♪

というよりも、黒い石に黒い糸なので、アラが見えなかったのですが…

しかし、そのときにはそんなことには気がつかず、

「あー、わたし、センスあるかも!やっぱり手先、結構器用なほうやったんやなぁ~」

出来上がったネックレス、

2重に巻けば2連ネックレスになるし、

通し穴が大きめのペンダントトップをつけることもできる。

わりと、シンプルでとても幅のある、ヘビーローテーションで使いそうなものになりました♪

そうなると、もっと作りたい。ちょっと高度に2連や3連などつくってみたい。

デザイナーさんに色々きいたときにも、2~3連にするアイデアなどおしえてもらってもいました。

丁度その時、

「血行をよくする」効果、「頭脳明晰にする」効果があるといわれている

ブラッドストーン 6ミリ 約38cm  ブラッドストーン という石のビーズを手に入れていました。

しかし、わりと個性が強いというか、普通につなげただけでは「アクセサリー」としてはあまりつけなさそうで、まだ手をつけることができていませんでした。

「お、これで2連ネックレスをつくってみよう!」

手もとにあったのは6ミリ玉1連。

1連では2連ネックレスを作るには足りない。

またまた丁度、数日後に閉店する天然石ショップを見つけたばかりでもあったので

他の石と組み合わせる事を考え出すと難しそうだった事もあり、

そのお店で同じ石の8ミリ玉を買ってきて、さっそくトライ!

…ところが…

この「2連」というのが、なかなかバランスが難しいのです。

8ミリと6ミリを組み合わせて、胸の上でキレイな弧をバランスよく2本並ばせたいのに、

その微妙なバランスが、どうもうまくいかない。

つくってはバラし、つくってはバラし、何回も作り直してみました。

その途中で分かりました。

結び目をきれいに作るとか、そういうのは基礎としてもちろん必要なんだけど、

デザイナーさんがデザイナーさんとして売れるとかって、

この、石の色や形などの組み合わせの美しさももちろんのこと、

つけたとき、デコルテが美しく見えるバランスを自在に操れてる人なんだぁと。

いや、当たり前のことだと思うでしょ?

私も、頭ではそう思っていましたよ。

でも、いざ作ってみると、その感じ方が全然ちがう。

楽器を習い始めた人が、自分と同じ楽器を自由に操って弾きこなしているプロの演奏を効くのと同じ。

やっぱり、プロってすごいやぁ… などと改めて感じ入り、

ブラッドストーンは、一番マシな形になったところで、当面の間は家にいるときの健康ネックレスとしてつける事にしました。

しかし、しかし、やっぱり作りたい。

もちょっと、感じよくつくれるようになりたい!

ということで、まだまだアクセサリーづくりは続くのでした。

| コメント (0)

回覧の山…

昨日、午後から数時間だけですが、数ヶ月ぶりに事務所へ出勤してきました。

外出している人が多く、空気は穏やかでした。

数ヶ月ぶりに行ったのに、なんだか「今日は半休もらって午後出勤」的な感じでした。

きっと、周りも気を使ってくださったのだと思います。

…と思ったら…

なんだぁ!この回覧の書類の山はーーー!!!!!

軽く50センチは積もっていました。

そこに、別部署の女性の上司が声をかけてくださって、

「これでも相当少なくしたのよ。もう、みんな、ぱんぱかぱんぱか置いてたから…」

確かに、当初休職も1ケ月の予定が2ヶ月になり、さらに10月末まで来ないことになり…

じゃぁ、どうしたらいいものかわかんないですよね。

本当は今週末の資料手配のために少し行っただけだったのですが(思いのほかすぐに終わってよかったよかった)、

事務所にいた時間のほとんどを、このたまった回覧さばきに費やしました。

でも、正味3時間程度しかいなかったのですが、

とたんに体がきつかったです。

さっき、ようやく体の違和感が少しましになったところ。

(違和感が強くて眠れず、これをかいています)

しかし、10月はどうやら3~4回ほど出勤する事になりそうです。

そのうち、2回は一日中しゃべりっぱなし。

大丈夫か?????

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

数年前はカモミールの鉢だったんだけど…

ここのところ、グリーン増殖報告記になってきました。

まぁいいか。

以前、ベランダガーデニングに凝っていた頃がありました。

一番初めにやってみたのが

ジャーマンカモミールのタネMatricaria recutita  ジャーマンカモミール の種まき。

当時はプランターなどほとんどもっていなく、室内に飾っていた観葉植物も買ってきたときに植えられいたプラ鉢にバンブー製のカバーをする程度で、

土いじりはほとんどしたことがなかったので、本人にするとちょっとした大冒険でした。

100円ショップで買ってきた安い大き目のプランターを苗床にして、

やはり買ってきた鉢底用石とハーブ用の土をいれて、

土を水で湿らせて、受け皿にもみずをいれておき、

買っておいたジャーマンカモミールの種をパラパラパラ。

その上に、湿らした新聞紙をかぶせて室内の明るい日陰において、芽が出るのを待ちました。

その芽が出たときの感動は、子供の頃の感覚を少し思い出させました。

双葉になって、更に本葉が出た頃、芽を間引きするのですが、間引きした子がかわいそうというか、もったいなかったので、

更に同じ100円のプラスチックのプランターを買ってそこに土を入れて植えつけました。

無事に冬も越してくれ、春にりんごの香りを漂わせながら次々に白い花をたくさん咲かせてくれる姿は感動ものでした。

そのこぼれ種で、その後2年は何もしなくても毎年花を見せてくれていました。

(時には、お隣の別の鉢から花を咲かせたり 笑)

しかし、ベランダガーデンに手をかける気力もなくなり、ベランダからグリーンたちは姿を消し、

なにもしなくても自然に咲いていたジャーマンカモミールも、土の改良をしないままだったので、その翌年を最後に生えなくなりました。

そのプラスチックのプランターは、今でも同位置に、土をいれたまま、そのままおいています。

それはなぜか。

カモミールが最後に咲いた年の翌年、別の葉っぱが出てきたのです。

多分、雀かカラスが運んできたか、風に乗ってやってきた種が芽を出したのでしょう。

なんの芽か分からなかったのですが、せっかく出した芽だったのでそのままにしておきました。

しかし、夏の暑さで充分育つ前に枯れてしまいました。

それが何回か繰り返されて、

やはり、今年も気がつけば、そのプランターから芽がたくさんでていました。

土をあまり増やしたくなかったので、これまで使った土を再生してグリーンの植え替えに使っていたのですが、

プラスチックのプランターの土も・・とおもったものの、そのままにしておきました。

いつもなら、7~8月の間にかれてしまうところ、今年は違いました。

多分、7月に雨が多かったからかもしれません。お盆が過ぎても、すくすく育っていました。

お盆が過ぎた頃のある暑い日、グリーンを植え替えるための再生土を更につくるためにベランダに出たところ、

そのプランターのすこし成長した葉っぱがみんな閉じてるんです。

土は乾いていました。

多分、乾燥している環境の中で、少しでも乾燥を防ごうとして葉っぱを閉じていたんだと思います。

その姿をみて、「自然の知恵って、すごいなぁ」と思うと同時に、少し不憫になり、

その日の夕方にたっぷりと水をかけてあげました。

それ以来、一昨日まで一度も水はあげていません。

ところが、一昨日、そのプランターを見ると、草丈も伸び、蕾をつけているんです。

蕾の先端からは、白やピンクの色が見えています。

思わず、また、お水をたっぷりかけてあげました。

本当に自然の力とか、生命力ってすごい・・・と感じました。

地面に生えているのではないので、しかもベランダで乾燥しやすい場所で、

ここまで耐えて、ここまで大きくなって、今、花をつけようとしている姿は、

胸を打ちました。

そんな話を昨日友人にしたところ、

同じく感動した後、間をおいてひとことコメント。

「でも、ひょっとして、カモミールが咲かなくなったのは、その雑草種が陣取ったからかもよ???」

なんでもいいので、花を咲かせるところまで頑張ってください。

なんの花かしらないけど。

| コメント (0)

なにがいいって…

グリーンをいそいそ買ってきては鉢に植え替えてあげたりしていてなにがいいって、

気持ちがおだやかになれるのがいいです。

仕事・仕事・仕事で家の中を全然かまっていなかった数年。

これではいかん、人間抱懐すると、一昨年の冬にバイクを買って

10何年ぶりにバイクに乗るようになってからは、

スキあらばバイクに乗って気分転換をしていたため、ますます家の中をかまわないようになりましたが、

体の痛みが増してバイクに乗るのを自粛し、更に休職ということになって、

それから、ワサワサワサワサー とグリーンが増えてきました。

4年ほど前にも一度ベランダガーデニングに凝った頃があって、

その頃から夜中に帰ってくるような生活をしていて、プライベートな時間などほとんど無かったのですが、

車で出張の際には、仕事の通り道にあるグリーンショップに「ピットイン」して苗や鉢を買って、真夜中に家の中に新聞紙広げて鉢に植え付けてベランダに出す、

なんて事をしていました。

まず、その作業の中でいいのは、「土いじり」。

なんでしょうね。土いじりって、本当に癒されます。

そして、その鉢植したハーブとか宿根草とかは、成長を見れるのが結構早く、

つぼみが出来始めたと思ったら無数の花がいっせいに咲き出したりすると、

その植物たちの生命力に勇気付けられたりしました。

休職期間にはいって増えていっているグリーンも、既に少しずつ成長していっています。

モンステラ  ふた鉢あるモンステラは、

それぞれ4枚ほど新しい葉っぱを出して、丈も伸びてきて更に植え替えが必要になってくるぐらいになってきているし、

【全品送料無料】当店の今月のおすすめ・こころ葉って?  ココロバは、

最初に来た方の子は、4本の枝それぞれに新しい葉っぱをだしてさらに次の芽を出そうとしているし(後にきた小さい方の子は、そろそろ植え替え後、根が安定してきたころ)、

お洒落なクワズイモ陶器鉢仕立(送料無料)  実家からお盆に電車でもって帰ってきたクワズイモは、

すでに私の顔よりも大きい葉っぱが2枚新しくでてきて、背丈も肩ぐらいの大きさに育ってる。

ウンベラータ(2)(陶器鉢植え)  以前より部屋に置くことがあこがれだったウンベラータ(小さいけど)は、

ひとつは早くももうすでに4枚ほど葉っぱを出して背丈は10センチのび、買った当時は一番大きな葉っぱでも15センチだったのが、いまでは25センチ。

もうひとつは少し大きめの鉢に植え替えたので根が動き出すのが遅かったけど、先日、とうとう新しい葉っぱが生まれて、またすぐもう一枚出そうとしてる。気づけば背丈も5センチほどは延びていて、葉っぱもやはりおおきく育っています。

ウォーターマッシュルーム(ミニ)トロピカ  ウォーターマッシュルーム も、

かなり径が大きめの信楽焼の鉢にうえつけたので、「ひっそり」生えているといった感じだったのが、今では鉢に満員御礼状態で「ぶわぁーーーー」と茂っていて、

もうひとつあった苗も、もう鉢から葉っぱがこんもり茂ってあふれるどころか地下茎まで出てきちゃったので、先日一回り大きな鉢に植え替えたぐらい。葉っぱもコインみたいで小さくてかわいかったのが、たくましく「べったん(メンコのこと)」のようになってる。

そのグリーンたちのたくましさをみたり、

新しい芽を出そうとし始めているのをみつけたり、

外出先から帰ってきたら、葉っぱが生まれていたりするのをみると、

なんともいとおしく、また、生命力を与えられる気がします。

その「美しさ」に、感動させられます。

土いじりと、成長を見る事で、

自然を身近に感じられて、とても癒され、励まされます。

さて、明日は休職中ですが、どうしてもしなければいけない仕事があって

その準備のため、ひさしぶりに事務所に行きます。

外見はとても元気そうに見えるらしいので、誤解されませんように(苦笑

ちなみに、グリーン増殖は、まだつづいています・・

| コメント (0)

2006年9月19日 (火)

欲しかったグリーンは

休職してから無計画にどんどん増えていくグリーン。

我が家にやってきたグリーンはどれも耐陰性があまりなく、明るいところが大好きな子ばかり。

結果、おくところは外光が充分入ってくる南東の部屋に大集合。

かろうじて、朝以外はあまり光が入ってこない玄関に

まぁ~るい葉っぱがかわいいですよ♪スタイリッシュなシーグレープ 0626祭5    シーグレープをおいています。

でも、光が南東の部屋に比べると少ないので、休職から増えたグリーンの中で一番にやってきたのに、まだ新しい葉っぱが少ない(涙  ごめんね…

南東の部屋以外に、本当はあまり日の入らない寝室と洗面所、トイレに本当はグリーンを置きたいんだけどなぁ…

で、思いついたのが、観葉植物の代表選手、しかも丈夫でよくふえてくれる

ポトスの苗Epipremnum aureum  ボトス!!!

これだったら、割と室内でも強くてよく育つし、

ちょっと延びた茎を切って水に挿しておけばどんどん成長してくれるし、

2つぐらいポット苗を買って、水挿ししながら増やせばお風呂にもトイレにも、洗面所にも置けるよう!

丁度、注ぎ口が欠けちゃった紅茶をいれるポットがあったから、

持ってるハイドロボールでハイドロカルチャーに仕立ててキッチンにおいてもかわいい♪

ということで、「ポトスを買いに」グリーンショップにいそいそ出かけました。

まだ、8月の末のことでした。

ところが、すぐにでも売ってるだろうと思っていたポトスのポット苗が売っていません。

売ってたのは、ポトスのハンギング鉢仕立てで、1000円越えてる。

どうせ、ハンギング鉢は不要だし、大きさも半分でいいのに…うーん。

財布の紐はかたく、その時はそのポトスは買うのをやめました。

ポトスは。

そう。「ポトスは買うのをやめた」のです。

だって…

まだ、8月末までの20%オフセールをそのお店ではやっていて、

しかも、前に見たときにはなかった、

こんな小さいのがみつかりましたテーブルの上に1つ棚の上にもいいかもシーグレープ - ミニサイ...  ミニサイズのシーグレープのプラ鉢植と、

ウンベラータ 先日買ったものよりほんのちょっと大きいウンベラータのプラ鉢植が

格安で売ってるんですもの~!!!

さらに20%オフ。ふたつあわせても、その当初はなんと700円程度だったと思います。

はい、買いました。

これで、我が家には、シーグレープ、ウンベラータ、共に2鉢。

家に帰って、早速植え替えて鉢土の上に石で化粧をしてあげました。

しかし…南東の部屋、そろそろグリーンを置く場所がなくなってきました…

でも、無計画さはとまりません…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

紹介元の先生から聞いた興味深い話

今、毎月状況観察と共に頼りにしている病院の整形外科の先生。

もともとは、いつも痛い左半身の事ではなく、突然夜中に右足の付け根が痛み出し、朝が来ても痛みが増す一方で、なんとか会社まで入ったものの仕事にならず

駆け込んだ病院で受診したのがきっかけだったわけですが、

その際に、それまで病院ショッピングを繰り返し、「異常なし」という結果しか出ず、痛みは増す一方であることも相談したところ、それ以来、初診時の右足が直った後も面倒を見ていただいています。

私が「もしかするとこの症状は“線維筋痛症”じゃないか?」と恐る恐る効いてみても真摯に受け止めていただいて、その症例を積極的に対応している病院を紹介していただき、

その後も、1ヶ月に1度、定期受診しています。

その先生からお聞きしたお話なんですが、

最近、医療界でも「痛み」に対する捕らえ方と治療方針の見方が変わってきているそうです。

これまで「痛み」があると訴える患者に対し、原因が見つからなければ「心身症」というカテゴリーに入れて「精神科」医師の領域へバトンタッチする傾向だったところ、

「脳」の仕業である、という考え方をあらゆる科目の医師ももつことが求められているようになってきている流れだそうです。

幸いなことに、医師同士の(なにかは分かりませんが)研究グループに紹介していただいた先生がいて、その先生は「痛み」という感覚に対してとりくんでいたという事で、

恐らく、そういった話が研究グループの中でもよく交わされていたので、

初診のきっかけだった右足が治った後も、左半身の痛みに対して熱心に関わってくださったのだと思います。

で、その「痛み」なのですが、治療法のひとつで試みられている事があるそうで

(紹介元の先生はその具体的方法をご存知ではないそうですが、)

たとえば脳梗塞を起こして感覚が麻痺している半身に常時痛みを感じる、という方だったり、

腕や足などを切断してしまい実態としてないはずの腕や足に痛みを感じる、という方への、

「痛み」へのアプローチ方法として試みられているのが、

「痛くない」など、とくに違和感を感じていない体の部位の「感覚」を、違和感を感じている部位まで広げて「痛み」などの違和感を和らげて行こう、

という方法があるそうです。

紹介元の先生いわく、

「その方法が今のsarusaruさんにふさわしいと思われたら恐らく、その先生もその方法を治療法として取り入れておられると思うのでお話されるでしょうし、

そうでなかったら、お話にも出されないと思います。」

とおっしゃられ、結局週末に受診した際には話にはでませんでしたが。

しかし、そのお話を紹介元の先生からお聞きしたとき、

考え方が私が別にお世話になっている針灸院の先生に行ってもらっている施術のひとつである、「トレガーアプローチ」と同じだと感じました。

トレガープローチというのは、

1960年代にアメリカのミルトン・トレガー博士によって開発されたボディ・ワークで、「動きの再教育法」と呼ばれている方法、
アメリカやヨーロッパでは、アスリートの能力開発や、事故や病気のリハビリテーションに有効なワークとして、かなり普及しているそうなんです。

その考え方は、正常である部分の感覚的な領域を、体を揺らす・撫でるなどの施術によって、不快感を感じて動きが制限されている部分にまで広げていこうというものだそうです。

体に対する施術によって自律神経系にアプローチして、自律神経が筋肉の緊張・弛緩といった動きを正常に行えるようにしていこうというもので、施術の視点はメンタル面や自律神経系にあるそうです。

私の稚拙な説明では不十分なので、ご興味のある方は下記HPをご参考ください。

日本トレガー協会準備会HP →  http://www.trager-jp.com/

私は、たまたま針灸院を探していて、その先生がこのトレガーアプローチを取り入れておられた事から受けることになりました。

いずれにせよ、西洋医学の分野でも「痛み」という感覚に対しての捉え方が変わってきているという事は、病院ショッピングを繰り返してこられて、それが更に心身ともに追い討ちをかけるような状況に陥っている方(私もそうでした)にとって、明るい兆しのように感じました。

「痛み」って、客観的には理解されないですもんね。

| コメント (0)

2006年9月17日 (日)

はまる前にあったグリーン②

はまる前に、既に我が家に来ていたグリーンがもうひとつありました。

テーブルサイズのかわいい子

ガジュマルの木妖精が宿る『多幸の木』テーブルPOT  ガジュマル。

今年の2月頃だったか、会社から久々にいつもよりも早めに帰れた時に、会社の近所の遅くまで開いているショッピングモールに立ち寄ったときに売っていて、

形が面白くて、先に生えてる葉っぱが髪の毛っぽいのがかわいかったので

連れて帰りました。

しかし、当時も徹夜が月に何度、通常は帰宅時間は午前様、

という状態だったので、

ロクに水もあげず、土もほとんどからっから状態。

このガジュマルの木、沖縄では自生している木なんですが、当地では『精霊の住む木』といわれているそうです。

そんな木を、非常に過酷な環境に置いていたのにもかかわらず、

休職期間に入って目が届くようになってみると、

上の方の葉っぱがぐんぐん伸びてるじゃぁありませんか!

以前に買った

やさしい観葉植物の育て方   「観葉植物の育て方」という本を見てみると、

ガジュマルは、冬の間は乾かし気味、春から初夏にかけては、土が乾いたら水をやる程度がいいと書いていました。

結果として、ガジュマルにとっては「普通」の環境になっていて良かったようでした。

今も青々と葉っぱを茂らせて、気持ちを和ませてくれています。

昨日、延びすぎた髪の毛のような葉っぱを少し剪定してスッキリ。

剪定した茎は、挿し木にすれば根がでてくるとのことなので早速やってみています。

あ、パソコンの前にいるミニサイズのサボテンが

自分はもう5年もいるぞといってる。

| コメント (0)

はまる前にあったグリーン

休職期間中に「無」計画に緑化していく我が家。

でも、そういえばこうなるまえにも我が家にはグリーンがいました。

パソコンの前にいて、マイナスイオンを出してくれている

【送料無料】サンスベリア・スタッキー!【BlackorWhite】Sサイズ  サンスベリア スタッキー。

同じサンスベリアで、別名 虎の尾と呼ばれている

サンスベリア「虎の尾」4.5号陶器鉢  このタイプはよく見かけます。

これもマイナスイオンを出すっていうので有名です。

それが、ちょっとモダンな“スタッキー”というのを、今年の3月にネットで見つけて、

グリーンをネットショップで買うというのも初めてだったのですが、ためしに2鉢買ってみました。

なかなかモダンなスタイルで素敵。とてもかわいがっています。

この夏前からは、街角のグリーンショップでもよく見かけるようになりました。

たくらんでいたのは、多分この夏くらいまでに子株が増えるだろうから

そうなったら、二株をひとつにして、ちょっと大き目のかっこいい鉢に植え替えよう♪

と思っていたのですが、

残念ながら、オバQのあまたの毛みたいに、今も一鉢に3本のまま。

3本というのが、ちょっとかわいい。

冬越ししてから、植え替えようかな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

百貨店のアクセサリー売り場荒らし?

休職で自宅療養、しかも独り暮らしとなると、

調子の悪い日は1日横になっていたりなんかすると、誰とも口をきかないまま1日が過ぎてしまうという事も発生します。

そんなことになると、精神的に鬱屈して益々病気になってしまう。

なので、調子のいい日はなるべく外に少しでも出かけるようにしています。

そこで、石やアクセサリーづくりに興味をもち始めると、

必然的に足が向かうのが、近所の百貨店のアクセサリー売り場。

もちろん、買うためではなくて、

デザインや石の組み合わせや色合いなどを参考にしたり、

石の種類を見に行ったりする事が目的です。

こうしてみてみると、金などの地金の相場が値上がりしているからか、

プラチナやゴールドを使ったものよりも、石を使ったアクセサリーがとても目立ちます。

そして、9ピンやTピンなどの金具や、チェコビーズ・スワロフスキービーズ、先日手に入れたグリフィン糸のような「糸」をつかってデザインしているアクセサリーがたくさん!

それまでアクセサリー売り場にはそう足を向けなかった私には

もう、勉強材料がたくさんあって、楽しくて仕方がありません。

そして、店員さんに声をかけられると、ねほりはほり聞きたおします。

これは何の石だとか、どこで取れる石だとか…。

もちろん、正直に「最近自分で作り始めて、どんどん興味が出てきてる」という事をお伝えします。

そしたら、「なんだ、客候補にはならないか」と思われる店員さんは引いていかれます。

でも、案外、石が好きな店員さんや、そのデザインを実際手がけたり、つくったりしているデザイナーさんだと、割と色々教えてくださったりします。

ある方は、糸を使ったデザインのアイデアなどを色々教えてくださった上、少し糸を分けていただいたり、どのような糸を使えばいいのか教えていただいたりしました。

(この方に弟子入りしようかなぁと、冗談抜きで思ったりします)

それからというものの、新しい期間限定テナントが入ると必ずと言っていいほど目を通して、興味があれば声をかけまわっています。

やな冷やかし客・・・?

糸を使ったデザインをされる方にアドバイスをいただいたのは、

レース糸・太 No.20(黒)  こういう糸を使って練習して、

一本使い終わる頃には、まぁ多少うまくなる… だそうです。

一本に巻かれている糸の長さは、太い糸で170m、細い糸だと270mほど…

もちろん、太い糸は、先日買ったグリフィン糸のような、先端にワイヤーがついているわけではないので

ビーズに通すのは至難の業。必然的に手に入れて練習できるのは、細い糸。

細い方の糸…270m… これがおわる頃には多少うまくなってる…

あ、うまくなっているというのはどういうことかというと、

糸を使う場合、ビーズの間に結び目を入れて、糸を見せたり結び目を見せたりしながらデザインするわけなんですが、

この結び目が結構難しいのです。

石のキワに結び目を持ってきたり、思った位置に結び目を持ってこないと、デザインもへったくれもありません。

まぁ、そういうのが、この一本を使うと多少慣れてうまくなるよ、という事なんです。

気が遠くなる話なのですが、グリフィン糸が2m巻で300円程度する事を考えるとかなり安いので、練習にはうってつけ。

そして、この糸の細い方を買って、石への糸通しや結び目などの練習がはじまるのでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

紹介された病院での受診2回目

金曜日の朝一番に、8月末に紹介されて受診した病院へいってきました。

一番不安だったのは、なんと言っても「朝、うごけるか」&「朝、起きれるか」。

そう不安がっていたからではないと思うのですが、

(思うというより、前日寝すぎが原因…)

前夜まったく寝れずに結局朝を迎え、久しぶりに朝日を拝み、ベランダで爽やかな風にあたりながらコーヒーを飲み、

わさわさ増えつづけているグリーン達にお水をあげてから出発しました。

ああ、朝って、すがすがしい…

診察の結果、想像どおり膠原病の心配もなく、特に骨の異常も見当たらず、

治療方針は、初診時に先生がおっしゃったとおり「服薬治療」を主に行うことになりました。

そのお薬も、処方していただいている先生からの紹介状を持っていき、その際にトリプタノールは効果が見られなかったとのコメントを書いていただいていたようで、

現在服薬しているメイラックスとルボックスを飲み続け、

状況によっては、ルボックスをもう少し増やす方向で考えましょうということになりました。

診察の際に、興味深いお話をお聞きしました。

首のレントゲンをご覧になっておられる際に、

「あー、ああー。よう見えてるわ~」

とつぶやかれました。

なんのことかというと、

長期間、疼痛を持っている人の特徴として、肩が下がってくるそうです。

そうすると、本来であれば横から頚椎周りをとったレントゲンでは、頚椎の下から2番目までの骨は肩の骨とかぶる形で隠れて写るところ、

疼痛持ちの場合は、肩の骨より上に出て、9つある頚椎がきれいに良く見えるそうです。

なので、客観的に「疼痛を抱えている」と判断することができる方法のひとつにもなるそうなんです。

その先生は、疼痛持ちの事例をたくさんご経験されていて、「痛み」に対するメカニズムについての理解度が非常に高い先生だそうです(紹介元の先生曰く)。

もうひとつ、痛みについてお聞きしたことがあります。

これは、私と同じような疼痛を持っておられる方に少し参考になれば幸いなのですが。

私の感じている「痛み」は、要は「脳みそのオーバーヒート状態」が引き起こしていると考えられるそうです。

(そう判断されたのは、痛みを感じはじめた頃の生活パターンからなのですが。)

詳しい仕組みは、私の解釈が間違っていると大変な誤解を招くので避けますが、

大脳と脊髄の間には、中脳と延髄があり、

例えば、手に針をさして「いたい」という信号を知覚神経のある脊髄がキャッチして、

その信号が脊髄→延髄→中脳→大脳とつたわって、脳みそが「痛い!」と感じるそうです。

そうやって、日々多くの感覚を末梢神経から脳みそに渡ってフル活動しているわけなんですが、

コンピューターや精密機械も長時間電源を入れっぱなしだと動きが鈍くなったりバグを起こしたりするのと同様で、

人間も体も脳も休ませなければいけなくて、その休みが「睡眠」という行為にあたるんですが、

その睡眠、長さだけが問題ではなく、何時にとってもいいわけではないそうなんです。

先に触れた、中脳と延髄、ここが、体内時計にそって「休むことができる」時間帯が決まっていて、その時間帯に睡眠をとらないと休めないらしいんです。

その時間帯以外にいくら睡眠をとったとしても、中脳と延髄はせっせせっせと働き続け、「休むことができる」時間に睡眠をとらないままだと、中脳・延髄は休むことが出来ず、結果、コンピューターの電源入れっぱなしと同様、オーバーヒートを起こして正常に働かなくなるそうなんです。

その時間帯というのが、23時~2時の3時間。

この時間帯に睡眠をとるということが、非常に、非常に大切だそうです。

痛みを感じはじめる2年前ほどより、2時ぐらいまではほぼ毎日のように仕事をしていたような生活で、目の焦点が合わなくなってきたときの感覚は、まさに「オーバーヒート」という言葉がしっくりきます。

今の治療は、ともかく、23時~2時には必ず睡眠をとり、朝7時に起きる。

そして、仕事のことは一切忘れて、自分の体と心に心地のいいことをしながらしっかり休養をとる。

そして、薬を、できれば少し増やす。

ということでした。

なぜ、診察が朝一番に入れられたかという理由がここにありました。

9時の診察だったら、いやでも7時には起きなければ間に合わないし、そうすることで夜も早く寝る、という先生の作戦でした。

(結局寝ずに病院にいったため、夕方にダウン、お昼ねならずお夕寝を3時間もしちゃったんですが…)

しかし…23時~2時までに少しでも睡眠時間をとるなんて、ここ何年してなかっただろ・・・・?????

ここ長年、だいたい床に就くのは2時半~3時が平均でした。

ということで、私と同じようにともかく原因不明の疼痛を抱えてる皆さん。

まずは、23時~2時までに睡眠時間がかぶるように寝るようにして、しっかり脳みそを休ませて上げてください。

私は、9月後半と10月前半、どーーーーーしても出なければならない仕事が出来たので、

(休職にならへんやんか…)

10月の後半に4~5日間程度、山篭りして脳みその休息をしっかりとろうと思います。

紹介元の先生からお聞きした「興味深い話」は、また次回…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

紹介状を持って8月にいった病院

すっかり、休職中に新たに出来た趣味日記のようになっています。

結局、痛みで頭を使う集中が続かず、途中で中断してもあまりさしつかえない趣味で気を紛らわせているような状態でもあるんですが、

休職してからも「この治療法に集中だぁ!」というものはなく、

ただ、ただ、毎日痛みや違和感が強くてつらいときには横になり、

マシなときには外にでかけ…

といった、治癒に向かって前進している感が全く無いまま夏もおわってしまいました。

今週末に、8月に紹介してもらった病院へ行ってそこでもう少し具体的治療方針が出ると思うのですが、

その病院で、すこし興味深いお話をお聞きしました。

通された標榜「科」の名称は、“リュウマチクリニック”。

もともと、『線維筋痛症』ではないだろうかと紹介元の病院の医師に相談したところ、紹介してもらった病院でしたが、

後に紹介元の医師に受診状況を報告したところ、私へのアプローチは、まずは『線維筋痛症』からではなく、主訴である『痛み』からかかっていこうという考えだと思うとの事でした。

診察室に入って、一通り紹介状に目を通された先生は、

第一声、

「まず、『痛み』という感覚についてなのですが、これは、消せません。」

・・・!?

ちょっと衝撃的でした。

「いや、消そうと思えば消すことも出来るんですよ。でも、それは、同時に意識をなくしてしまうことになるんです。」

つまり、「痛い」と感じるのは「脳」であり、必ずしも末梢神経で感じていることに脳が反応しているわけではないとの事。

脳が『痛い』という感覚を記憶してしまっていて、そう感じるメカニズムが出来上がっている。それを消すということは、脳の機能を停止することになる、という理論だそうです。

なんとなく、わかったような、わからないような…

その後、先生に簡単にこれまでの経緯を簡単に説明しました。

説明し終わった後、先生から線維筋痛症について、私が症状などについては調べていることをご存知のようだったので、発症のきっかけについてすこしお話がありました。

きっかけになるのは、虐待や、生命や生活にかかるほどの大きなストレスなどが多いそうです。

でも、私が目の焦点が合わなくなり始めた頃の生活を聞くと、

「まぁ…虐待とかそういうことでなくても、この生活では…ねぇ…同じようなもんですねぇ…」

と苦笑い。

その後、服薬の履歴を話していたところ、先生より

「あ、トリプタノール一度飲んでいて、止めているんですね。これね、痛みには効果的なんですけどねぇ…」

副作用がきつくて、やめてもらった経緯をお話したのですが、

「副作用も、慣れる事ができる場合がありますからね…」

との事。

更に、「今日は、検査を一通り受けてもらって帰っていただくことになりますが、恐らく服薬治療が主になるでしょう」との事。

副作用がつらかったトリプタノールを再度飲むことになりそうな予感…

余談ですが、その後、紹介元の整形の先生に報告してみると、脳梗塞の症例だそうですが、劇的に効いた例を実際数例見ておられるそうです。

医学界でも『痛み』に対する考え方が大きく変わろうとしているところだそうです。

もうひとつお聞きしたお話があるのですが、

それは、また次回…

金曜日朝1番の診察。(先生が意図的にこうされたのですが…←理由も次回)

体、うごくかなぁ…

| コメント (0)

2006年9月13日 (水)

一挙に増え始めた自作アクセサリー

肩こり対策に、ブラックトルマリンとか、ヘマタイトなどでアクセサリーを作り始めた私。

ちょっと石を組み合わせてナイロンコートワイヤーという糸に通して

最後に金具をつけるという単純なもので、直ぐに出来上がるので、

結構、達成感を手軽に味わえます。

仕事をしていないフラストレーションが、そういう「達成感」という感覚がうれしく感じさせるのか、

それ以来、ついついネットでも石やビーズなど見るようになりました。

そんなある日、梅田に寄る用事が出来て、

「あ、それなら、こないだのお店、まだあのセールをやってるかも!見るだけ、見るだけ。お勉強お勉強。」

と思ってつい寄ってしまいました。

お、セール、まだやってた!しかも、また別の石が入荷してる!

お勉強お勉強…とジロジロ見てると、やっぱり呼ぶ子がいるんですよね…

ルチルクォーツ タンブル(L)17×11mm(ラフ仕上げ)  ルチルクォーツ。

一連売り(糸通し約40cm)で売っていたのですが、ゴツゴツした感じが原石っぽくていい感じ。

気づけば買っていました(汗。

このルチルクォーツ、後で知ったのですが

最近パワーストーンの中でも人気があるそうで、

金色の線(他にも黒や赤などの色の場合もあるそうです)がはいっている事から、

「金線が入る」=「金銭が入る」

ということで、金運を上げる石と言われているそうです。

あとは、この金色の線のことを「ヴィーナスの髪」にたとえられ、

恋愛運や人間関係などの運を上げる石とも。

さらに、水晶は日本でも神社のご神体として祀られていたりするように、とてもパワーのある石として昔から重宝されているそうですが、

それにいろんな方面に線が入る事で更にパワーアップしている石との事。

どうです、勉強してるでしょう(笑。

で、この石を買ったときにも思ったんですけど、

石って不思議ですよ。

自分にとって「気持ちいい」と思う石って、持ったときにちょっと違うんですね。

気持ちいいんですよ。ふわぁっと。

で、そんな石を使って作ったアクセサリーをつけると、

これまた、ふわぁっと気持ちがいい。

Jetの気持ちよさとはまた違った、気持ちよさ。

この時買ったルチルクォーツと手持ちの別の石の4㎜玉をつかってネックレスを作成した後に、水晶のクラスターの上で24時間浄化してから使いだしました。

で、この石を買ったとき、お店に綺麗な糸をつかって作成されたアクセサリーが飾られていました。

お店の人に聞くと、その糸は

グリフィン ビーズコード #2(light pink) グリフィンビーズコード(グリフィン糸)

といって、先にワイヤーがついてビーズを通しやすくした、ナイロン製(絹製もあるらしい)のやわらかい糸だそうです。ドイツ製。

仕上がりもしなやかになるし、結び目などをいれてデザインすると、また違った味がでてきれいだそう。

実は以前にローズクォーツと新たに買った石と組み合わせて作ったものがどうしてもしっくりこなくてばらしてしまっていたので、この糸を使って遊んでみよう

と思って、買ってみました。

(ちなみに、ばらした後、新たに買った方の石、“ロードナイト”のタンブルビーズは、金色のピンをつかって別のデザインでうまれかわっています。)

これが、実際やってみると、結び目を作るところが結構難しい。デザインったって、素人が考え付くのなんて知れてる(汗

アクセサリーって、どんなデザインがあるんだぁ???

これが、更に私の足を、近所の百貨店のアクセサリー売り場へ向かわせる頻度を上げることになりました。

| コメント (0)

大好きな秋なのに~!!

ここのところの気候の変化に体がついていっていません。

今日も雨。

朝から、目は開けど体が動かない、無理して体を起こすと違和感が強く

気持ちが悪くて横になる

という繰り返しで、なにもしないまま、結局この時間。

昨日、せっかく針灸の先生のところに行ってチョッと気持ちよくなったのに…

土曜日から3日間調子悪くてこもりっぱなしで鬱ぎみだったところ、

昨日せっかく外に出て、すこーし気分が晴れたのに…

と考えると、すごく気持ちが落ち込んできます。

もう、9月も13日。

どうしよう~(汗汗汗

どうしようも無い不安感に耐え切れず、かきこみました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

友人に教えてもらった本

先日、久しぶりの友人と会いました。

近況を全然報告していなくて、随分心配してもらっていたのですが

聞くと、友人もここ1年いろんなことがあって、考えることが多い様子。

お互い

「神様は、超えられない問題は与えられない。これは人として成長するための“糧”と思おう」

と話していました。

その時、友人が、そのまた友人から教えてもらった本で、

私の今の状況を聞いていると、まるでその本そのままの様だと言われ、

後日送ってくれました。

その本は、夏樹静子 著 「腰痛放浪記椅子がこわい 」。

ご本人自らの腰痛闘病生活をつづったものです。

一時期は、執筆するために、設計図面を書くための机であるドラフターを購入したり、

どこに行くのにも体を支えるためにこしらえた段ボールの板を持ち歩いたり、

そのウチ、1日と座っていることも持たなくなり、

移動の際には車では後部座席で横になり、飛行機では二席とって少しでも楽な姿勢を撮らなければならず、

そんな状態になりながら、いいと聞いたら全国どこにでも飛んでいって色んな療法をためしにためし、やはり「病院ショッピング」状態になりながらどんどん悪化していく腰痛を

最後にはある先生とお会いして、その治療をはじめられたことがきっかけに治られた

“すさまじい”闘病手記です。

もし、こんな、明らかに痛いのに、色々病院にいって検査したのに悪いところが見つからないという方がおられたら、

少し、勇気の持てる本になると思います。

私は、「夏樹さんほどではないけれど、同じような状況だなぁ…」としみじみ感じ入りました。

| トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

緑化計画 改め 緑化「無」計画

シーグレープとウォーターマッシュルーム、姫トクサがやってきて、

更に思いのほか安く、ウンベラータ(小さいけど)と更にウォーターマッシュルームが増えて

以前「にわか」土いじりをしていた頃を思い出した私。

すると、土いじりしていた頃の“外に出かける=そのエリアにあるグリーンショップには必ず立ち寄る”という行動パターンが蘇りました。

しかし、その頃とは違って、今は休職中。

つまりは、体調さえ良ければ少しでも出かけるように心がけているため、

必然的にグリーンショップに立ち寄る頻度が高くなります。

ある日、用事でいつも出かけるエリアとは違う方面に行った際に

なにげに立ち寄ったグリーンショップで出会ったのが、

モンステラ(陶器鉢入り)  モンステラ!

プラスチックの鉢植えのでしたが、そこそこ大きくて1,500円で売ってる!!

これくらいだったら、普通安くても4000円くらいしないかい???

そんな安く売っているのは見たことも聞いたこともありませんでした。

そりゃあ、買うでしょう。普通。

そしてその翌日。

その日も調子が良かったので、良くいくエリアの内、地味なエリアの方に出かけました。

地味な方にしたのは、出費の誘惑があまりないため。

そこにもグリーン屋さんがあります。でも、いつもあまり気に入った苗が見つからないお店でもあったのです。

でも、まぁちょっとのぞくか。と安心して覗いたら、

な、な、なんと!

昨日買ったモンステラの、もっと幼い苗(葉っぱにまだ切れ込みがはいっていない)が

500円で売ってるじゃぁないですか!

我が家にモンステラが2鉢になりました。 はやく大きくなれよ~。

これが、お盆前の話。

お盆に実家へ、電車で帰りました。

GWに帰った時、少し早いけど母の日のプレゼントに、以前から「すこし大き目のグリーンがほしいなぁ」とこぼしていたので

実は人気ランキング隠れ1位です(^^♪セロウム 陶器ポット入り  セローム  をプレゼントしたのですが、

家に入ると、セロームが3鉢になってました。内、2鉢は小さめのプラ鉢に植えられています。

「増えてるけど、どうしたん?」   と聞くと、

「ああ、すごく安く売ってたから買っといてん。1鉢はsarusaruにちゃんとした鉢に植え替えてもらおうと思って。もう一鉢はsarusaruの分。」

やったぁ!もらって帰ろう~

翌日、実家の近所のショッピングモールで両親と一緒に行きました。

すると、やっぱり気になるのはグリーンショップ。

これまた、こういうときにはいるんですよね…呼ぶ子が…。

丈は、プラ鉢ですが、鉢を入れて100cm程の

■クワズイモ  クワズイモ。

でも、これくらいの大きさだったら、まぁ安くて5000円、普通8000円くらいするし、

もっと大きいのだったら1万かるく超えるよねぇ…

と思って値段みたら…!!!!

ええーーーっ???? 2500円ーーーーー??????

両親の制止も聞かず、即購入。

家に帰ってきてからも

「体が痛いとか言っているのに、こんな大きいものどうやって持って帰るるもりだぁ、バカ」

などという両親や、その時に子供を連れて少しだけ帰ってきた兄弟の罵声も聞こえず、

大きな葉っぱをなでてやりながらうっとりしていたのでした。

2泊して帰る時。

土は軽めのを使っていたのですが、セロームと大きなクワズイモを電車で持って帰るのは、

ちょっと大変でした(苦笑。

一挙に増えたsarusaruの家のグリーンは、その後も増え続けるのでした…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

い、痛い…

昨日・本日と、痛みや違和感が強く、ほぼ寝たきり状態。

ごはんを食べないと…と今、無理から起き上がったところです。

秋って、私が一番最高に好きな季節なのに…こんなになってるのん、もったいないよう~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

ラブラドライトとJetをきっかけに

たまたま持っていたローズクォーツのネックレスを生まれ変わらせて、ちゃんとつけようと思い、立ち寄ったお店で出会ったラブラドライドという石に魅了された事と、

Jetのネックレスを付けさせてもらい、それまであまり身につけることのなかったアクセサリーに興味を持ち始め、

更に、丁度水晶のクラスターを買っていたことも手伝い、

見事に「石」にはまり始めました。

不思議と、Jetをつけさせてもらった時にものすごく気持ちよかったことと、

ラブラドライトを使ってつくったネックレスも、身につけるだけでなく、見てるだけでも気持ちがいい、

更に、水晶のクラスターも、これまた近寄ったり手をかざすだけでとても気持ちがいい

という事に驚いて、

それからインターネットでいろいろ見てると、結構、売ってるんですね、天然石。

で、早速

しっかり力がはいる!ビーズ用工具【平やっとこ】  平やっとこ

きれいな丸が簡単に!ビーズ 工具【丸やっとこ】 丸やっとこ

   よく切れる!ビーズ工具【エレクトロニッパー】 ニッパー

を買いそろえ、作る宛もとくに見つけていない内に

天然石 多面カットラウンド型 4mm お得☆(1連40cm/約105粒)≪ビーズアクセサリー≫  アラゴナイトのビーズと

天然石 多面カットラウンド型 4mm お得☆(1連40cm/約105粒)≪ビーズアクセサリー≫  アマゾナイトのビーズ、

そして、ナイロンコートワイヤーとか、つぶし玉とか、ダルマかんとかもろもろ

アクセサリー作成に最低限必要なものを手に入れて、

単に石を一連に通して金具をつける といったものですが、作成しました。

まあ、簡単なのに、なんて楽しい!

簡単で、直ぐに身に付けれるものが形として出来上がるので、手軽に達成感を感じれる(笑

もちろん、作成後は、以前ある方に教えてもらったとおり浄化してから身につける。

案外かわいいじゃぁないですか!

これが、また自分で作って、充分身につけるのに耐えられるものだと思うと、

さらに作成意欲が湧いてくるのです。

しかし、首のヘルニアが原因とは考えられないとはいわれているものの

頭の先から腰にかけて痛いのに、そんな細かい作業しては…

なんて、気にも留めず、でも、どうせならということで次に手に入れたのは

ブラックトルマリン 4ミリ 約38cm  ブラックトルマリンのビーズ!

そう、ブラックトルマリンといえば、一時は寝装具などの線維に混紡して健康寝具としてもてはやされたほど、血行を良くする効果がある石!

別名、電気石ともいわれるそうです。

それと、

磁気入りヘマタイト 4ミリ 約38cm  磁気入りヘマタイトのビーズ♪

これで、「健康ネックレス」っぽくならないよう作ってはどうかと考えて

形の違うビーズを組み合わせて、ネックレス・ブレス・そして指輪までつくっちゃいました。

お披露目するほどの立派なものではないのですが、シンプルで結構使い手良く、

ほぼ毎日のようにつけてます。

でも、アクセサリーづくり、こんなことでは終わらないのです・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

雨宿りの結果、もうひとつしたこと

昨日の充実した雨宿りの後、もうひとつ寄った所があります。

実は、ショッピングモールの中にミニシアターがあり、

そこでは少し前に公開が終わった映画を数週間公開するのです。

割と観たかったけど公開期間中見逃しちゃったという映画を、ここで観ることが出来て、

以前、「戦場のピアニスト」や「ラストサムライ」なども、このシアターで一般公開より遅く(苦笑)ここで観ました。

ここで、見逃した映画が丁度今上映してるというのを、チョッと雨宿りとコーヒーを飲みに行く前に知ったのですが、時間が遅かったので他の日に観にいくつもりだったのです。

でも、百貨店で化粧品メーカーさんにメイクアドバイスを受け終わって、バス停に向かう途中に思い出し、

時計を見ると、次の上映の時間の10分前!おお!これは観れる!

ということで、そのミニシアターに寄ったのです。

おまけに水曜日=レディースデイ! ちょっと安くで入場できました。

観た映画は、『ホテル・ルワンダ』  http://www.hotelrwanda.jp/

1994年で実際に起きた、ルワンダでの和平協定直後の大統領暗殺から始まる、ひとつの民族による、もうひとつの民族の虐殺行為、一方で国連の平和維持軍は約10分の1に減らされ、虐殺行為はあっという間に全国に広がっていき、3ヶ月間繰り広げられた惨劇の中で、ミル・コリン・ホテルの支配人ポール・ルセサバギナがとった行動を描いた話。

小学生の感想文の様かもしれないけれど、

「なぜ?民族ってなに?どうしてこういう事がおきるの?自分とは違うとされている“民族”に対する“恨み”という感情って、一体なんなの?」

民族間の争いを肌で感じる機会の無かった平和ボケの典型のような感想ですが、

逃げ惑う女性・子供も含めた一方の民族を背後からナタで容赦なく切りつける、民族根絶を目的とした殺戮行為を産むものがなになのか、歴史を読んで頭で背景をなぞっても、心ではどうしても理解できず、

でも、

10年以上前から何年もの間、毎日のように新聞に載っていたルワンダの難民のニュース、その後の周辺諸国での紛争、

その当時は文字情報とTVのニュースで見聞きしていた。

映画の中にでてくる支配人ポールと海外退去まで取材を続けてきたカメラマン ダグリッシュの会話の中で、

ダグリッシュが撮った殺戮の様子の映像を見て、海外諸国が救助に動いてくれることを期待したポールに対してダグリッシュの言った言葉、

「世界の人々は、あの映像をみて“怖いね”といって、ディナーを続ける」。

まったくその通りだったこと。

そして、映画を観て、これが既に「過去」の事になっている事で、安心してみることが出来ている自分という事実。

戦争を知らない私は、これらの事実をディナーを続けながら新聞とテレビで見聞きしていた私は、

この映画をみて、やはり、戦争は何の理由があろうと、どんな歴史があろうと、

反対だ。

2006年9月 6日 (水)

化粧って、大切!!

今日、用事があって外出。

昨日に針灸院にいったおかげで、低気圧が来てるは、気温はぐっと下がってるはにも関わらず、調子は昨日までとはワンランクいい状態だったので

めずらしく朝早く(といっても一般的には通常の時間)から動き出せ、

午前中に掃除・洗濯を、体に無理がかからない程度のゆっくりペースで済ませ、

午後、お昼ご飯を食べがてら用事を済ますのに外出。

本当は、いつも調子がいいときには普通に動きすぎて、翌日動けなくなる事を繰り返しているので、

用事が済んだら食料品を買っておとなしく家に帰ろうと思っていました。

しかし、用事が済み、お会いした方と別れて、ちょっとその付近をフラっと見た後、

直ぐにショッピングモールのある自宅の最寄の駅まで帰ってきたら、「雨」。

出かけるときに雨は止んでいたのでうっかり傘を持たずに出てしまってたので、

雨宿り代わりにちょっとコーヒーを飲んで様子を伺っていましたが

止むどころかいよいよ本降り。

「傘、たくさんあるからもう買いたくないのになぁ…」と思ってたのですが、ギブアップ。

日傘を持っていなかった(珍しいですかねぇ?)のと、バスを使えば歩く距離は知れているので、兼用の傘を買えばいいやと思い、

ショッピングモールの中にある百貨店に寄り、

それでも、「選んでるうちに止んでくれたら買わなくていいなぁ~」と思いつつ

ぐずぐず選んでいました。

でも、一向に止む気配がないどころか、強くなる一方。

結局折りたたみタイプの雨天兼用の日傘のセール品を購入。

しかし、たちっぱなしでぐずぐず選んでいたため、ちょっと体がつらくなってきたところ、

某化粧品メーカーさんがプロモーションでメイクアップアドバイスのブースを出していて、

声をかけられたので、

半年ほど前から脱ファンデーション、ポイントメイクも最低限ではあったのですが

「す・・・座れる・・・」

と、休憩を目的にアドバイスしてもらう事にしました。

(こういうところに通してもらって、手間をかけてもらっても気に入らなかったりお金が厳しかったら堂々と断れるんです。)

ファンデーションをつけていなかったので、そこでは結局フルメイクしてもらうことになりました(そうでなきゃ、肝心なポイントメークの発色がしっかりでず、セールスプロモーションにならないから)。

ほーーーーーーーーーんとに久しぶりに、下地から、しっかりしたメイクする事になったのですが、

下地をつけて、歳相応にでてる目の下のく○とか、シ○とか、く○み、他モロモロをハイライトやコンシーラーなどひとつひとつ商品の説明をききつつつけてもらい、眉毛のかき方や、結構派手目に見えるアイシャドウをつけてもらい、まつ毛もしっかりマスカラをつけて上に上げて、唇にも下地・口紅、仕上げにグロスでつやつや。

まぁ、おどろきました。顔つやの見え方の変わりかたに。

なんて健康的に見えることでしょう。

眉毛の書き方と、まつ毛をしっかり上に上げる事でなんて顔が明るく見えるんでしょう。

そんな顔色が随分あかるくなった自分の顔を見ると、気持ちがとても軽くなりました。

その時、思ったんです。

「ああ、これかぁ!認知症の高齢の方が、メイクする事で、顔つきが変わって行動も変わるっていうのは!」

…自分を高齢の方に見立てるのには少し高齢の方に失礼な話しなのですが

休職期間に入ってからの自分の生活は、要支援程度の独居の高齢の方の生活とそう変わらない様子なので、

自分の中で起きる気持ちの変化とか、無意識にとる行動で、笑えない話、「実感」する事が多いのですが、

今回も、ちょっとびっくりしました。

その時、改めて思いました。「あーーー、メイクって、気持ちのハリにこんなに効果的なんだぁ!」って。

結局、使ってもらったものは、現在持っていてほとんど使っていない化粧品で代用できそうなものがほとんどだったので、「これはもっていない」という、あまり高くない一品だけいただいたのですが(アドバイザーさん、ごめんなさい!)

アドバイザーさんのとても心地のいい接客と、

あと、改めて聞かされたそこのメーカーさんのCI、社員の方がお客様に対して心がける姿勢というのを聞かしてもらった事、

海外ブランドにはなかなかない、日本人の肌に合いそうなニュアンスのあるカラーに気づいた事、

などなど、思いのほかものすごく勉強になりました。

一品一品に対して、背景にある思いとかを聞かせてもらって、それに共鳴すると、その商品を自分の手にしたときには本当に大事に使おうと思うし、

使っているときも気持ちがいいし、

それが、自分の顔つきを変えるものだと、更に気持ちがいいし、

ああ・・・・化粧って、本当に大切だなぁという事と、

顔つきって、自分だけじゃなくて周りに与える影響が大きくて、

顔つきには本当に責任をもたなくちゃなぁ

などなど、たくさんのことを感じました。

最近、私の顔を久しぶりに見ると、「思ったより元気そうでよかった」といっていただける場面がいくつかあった事を思い出しました。

本人は痛くてしょうがないんだけど、それが表情にあまり出ていなくて周りの方に重い気持ちを振りまいていないのであれば良かったなぁと思いますし、

実はそうではなく、私がそう思えるように、深刻な気持ちにならない様に言っていただいていると感じていて、本当に、本当に感謝です。

まだ、「痛い」というのがあるので、自分の事だけで精一杯ですが、

それも、療養期間だからそうあって当たり前と思わせてもらおうと思います。

ああ、しかし、改めて化粧品の販売って、

あれは、一種の「セラピー」ですね・・・

アドバイザーの方々、化粧品業界、すごいです。本当に。

いろんな業界のヒント、化粧品販売にあり、と思いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの針灸整骨院

4月より毎週のペースでお世話になっていた針灸整骨院ですが、

療養手当の手続きがお盆休みがはさんだのと会社側の書類上不備があった事が重なり、7月分の手当てが8月末になっても振り込まれず、

経済的に厳しくなり、

医院の先生がお盆休みを取ったのをきっかけに8月は上旬に一度しか行きませんでした。

すると、まぁてきめんに痛さやら倦怠感がとれず、症状も悪化して、

今日、もう我慢ならずに医院へ駆け込みました。

施術内容は、依然と同じ、NASA開発云々の機械と、トレガーアプローチというボディーワーク。

受けていると、やはり以前より体が硬く、体の奥まで効果が届きにくい感じが分かります。

でも、施術を受けた後は、スッキリとはいきませんが、痛みやら違和感がワンランクましになった感じがして、救われました。

しかし、とてもありがたいことです。

久しぶりの連絡だったので、先生は「一体、どんなにどんよりした状態でやってくるのだろうと心配で、今日はかなり気合を入れてお待ちしていた(苦笑」とおっしゃってくださいました。

入ってきた姿をみたら、案外清涼感があって拍子抜けしたそうですが(笑。

(でも、いざ体を触ってみると、やはり左半身の調子はかなりよくなかったようですが)

そうやって、状態を背景を含んで把握して、連絡するとこうして待ってくださる先生がいるという事は、本当に心強いです。とても嬉しかったです。

| トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

昨日の定期診察

今日は定期診察の日でした。

別途またここでつぶやかせてもらいますが、8月の定期診察の際に別の病院を紹介していただいて、

8月末に行った結果…なのか、今日の私の症状の訴えからか、その両方か、

休職期間、延長…。今度は2ヶ月…。

8月のお盆前から症状が強くなってきていて、

少し動けば翌日動けない という日を繰り返していました。

明日会社に診断書を提出するのですが、

さて…すんなり受け取ってもらえるのか…??

なにも考えずに寝ます。といってももう1時半ですが。

今日、石が足りずに作りかけだった石を使ったアクセサリーが、

病院から帰ってきたら追加注文した石が届いていたので、

無心で作り、完成して、思った以上の出来だったのでちょっとうれしい。

ひとつ、寝室のグリーン用に、白い陶器製の鉢が欲しいなと思っていたところ、

手持ちであった商品券が使えるお店で丁度いいのが売っていて、

現金僅かで思った以上の品が買えて、ちょっとうれしい。

そんなことで気を紛らわしていていいのか????

まぁ・・・・・・・・・

なるようになるさ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

ウォーターマッシュルームの苗がぁ!!

我が家にやってきたシーグレープの鉢と、

ウォーターマッシュルームと、ひめとくさの苗。

シーグレープの鉢は、早速玄関におきました。

さて、ウォーターマッシュルームと、ひめとくさの苗は、ビニールポットに入った状態なので自分で植え替えてあげなければ。

【夏限定!水辺の植物】ウォーターマッシュルーム  しかし、どこから見てもこのウォーターマッシュルーム、とてもかわいい。

インターネットでみても結構人気の様子。

でも、ひめとくさ と一緒に買ったから、寄せ植えにしたいなぁ…

買ったときにお店の人に相談したときには、理想は「蓮鉢」といって、底穴の開いていない蓮用の鉢があって、そこに浅めに受けて土が浸るくらい水を入れてあげる形が一番自然に近くていいそう。

しかし、蓮鉢まで手が出なかったので、なにか適当な鉢で代用できないか、ベランダの過去に使っていた鉢類を探していたら、あったあった!

信楽焼の鉢が。大きな鉢穴開いてるけど。

で、穴をガムテープで止め、更にビニール袋(目立たないように透明)で鉢の内側をすっぽりカバーし、そこに浅めにウォーターマッシュルームと、ひめとくさ を植えて、水を入れました。

やった!うまくいきました。水もこぼれてこないし、バランスもまぁまぁ。

プチ土いじりした後、しかも、うまく植えれた後はとても気分が良く、

体調も良かったので、

その後、近所のショッピングモールまでちょっと出かけました。

すると、寄りたくなるのがグリーンショップ(先日とは違うお店)。

そこは、ベランダガーデナーをしていた頃よく苗を買ったところで、他店と比べて割と安めに苗が手に入るお店。

いってみると、そこのお店では夏は苗が入荷しない時期という事で、全品値札から更に20%オフセールをしていました。

観葉植物も、比較的小さめのプラスチック製の鉢に植えたものが、ちょっと驚く安さで売っていたので、夢中になって見始めました。

そこで見つけたのが

フィッカス ウンベラータ万古焼鉢  ウンベラータ。 ビニールポットの苗程度のサイズ。

大きいのは、よくインテリア雑誌とかにも出てくるような、インテリアコーディネーター御用達のような存在で、

ウンベラータ8号・3 値段も2万とかして、テーブルサイズでも安くても2000円でもなかなかみつからない。

そんなウンベラータが、いくらか忘れたけど1000円でお釣りが帰ってくる値段で売ってる!

そりゃ買いでしょう…

と、しっかり抱きしめて野外の苗売り場にフラフラ見に行きました。

やっぱり夏だから苗は少しお疲れ気味。みんなー頑張って夏越してねー

なんて思いながら見てると、子供の頃金魚鉢に浮かしていた「ほてい草」が売ってました。

●ホテイ草(3株)  なつかし~ 

と、みてると・・・・あ、ウォーターマッシュルーム、ここでも売ってる!

ちょっとやな予感がしました。

ここのお店、他店と比べてホントに安いんです。

でも、先日買ったお店でも、通常の50%オフコーナーに並べてたからなぁ・・・それで200円だったから、200円の値段がついてたら、ちょっと悔しいなぁ…

と思いつつ、値段を見てみました。 ら。

ら!?

84円??????????

84円て? しかもこないだ買った苗と同じ大きさだよ???????????

しかもこれからさらに20%オフ???

悔しいどころの話じゃなく、考えることなく2苗手にとっちゃいました。

これが、我が家に、更に緑が増えていくきっかけになったのでした。

| コメント (0)

緑化計画

家でじっとしていると、誰とも口を利くことなく過ぎてしまう独り暮らし。

かといって、実家に帰ると親に余計な心配をかけて、お互いストレスが溜まるのが目に見えてる(しかも、お盆までは親には黙ってた)。

なので、できるだけ痛みがマシなときは15分でも30分でも外に出かけるようにしていました。

でも、ちょっと頑張って長い時間出かけた日の晩から翌日は、痛みと倦怠感が反動でやってきて、1日寝たきり… なんていうのを繰り返していて、

結局8月の頭に休職を延長することになったし、その頃よりも悪くなってるような気がします。

または、仕事から離れて、自分の体が訴えているのにようやく耳を傾けれるようになって来てるのか。

まぁ、そんなで家にいることがやけに多くなったのですが、

まぁ、仕事にかまけていて長い間家をほったらかしにしていたものだから、居心地が正直言って『超』悪い。

で、頑張って掃除するものの、途中でくたびれて余計散らかる。

という、「3歩すすんで2歩さがる」的な日々で、7月の休職期間に入った頃に比べればほんの少しはマシになったか…。

そんなある日。その時は調子が良く、随分前に着ない服を「委託販売」で預けていたお店に、僅かだけど売れた分の精算に外に出て、その後、通り道のお店などプラプラ見ていたときに、ふと入ったグリーンショップ。

「そういえば、数年前はベランダで付け焼刃ガーデナーでたくさんグリーンそだててたよなぁ…」

と思い出しました。

その頃は、ベランダに出るとすごく空気が変わるくらい、緑で埋め尽くされていました。植物にもちょっと詳しくなったのもこの頃。

「家にいることが多いんだから、ちょっとグリーンがほしいなぁ」

でも、季節は夏。こんなときにベランダでガーデニングなんて、植物にも自分にも悪い。

それで、観葉植物を見ていました。

ベランダガーデニングとは違って、6年ほど前にも観葉植物に興味を持った時に色々見ていたときとは違って、種類も更に豊富になったし、値段も安くなってる。

とはいっても、万単位だったのが千単位になったので、「わーこれいいなぁ」と思って値段を見ると、中には2万とかする。 うーん。

で、その中で見つけたかわいい子。

まぁ~るい葉っぱがかわいいですよ♪スタイリッシュなシーグレープ 0626祭5  シーグレープ。

浜辺にはえていて、実をつけることからこの名前がついたそうで、

まぁるい葉っぱがなんともかわいい雰囲気。

でも、ちょっとお値段が・・・・ と思ったのですが、そういえば、手にはさっき精算したお金が!これを足しにしたらいいじゃん!

そのほかに、

水辺にかわいい♪ウォーターマッシュルームウォーターサンド  ウォーターマッシュルーム の苗と

ひめとくさ 敬老の日2006【送料無料】    姫とくさ の苗

を安く売ってるのをみつけ、水生植物は手を出したことが無かったのと、とても涼しげだったのでこれらの苗といっしょに、シーグレープを買いました。

シーグレープは、既に陶器製の鉢に植えられたものだったので、他の苗と共に翌日家まで配達してもらい、

その日から我が家も少し爽やかな空気が漂う様になりました。

その後、「石(自作アクセサリー)」同様、ここまで増えるなんて考えても見ませんでしたが…

| コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

はまった「アクセサリー作成」

もともと、アクセサリー自体をそうつけるほうではなかったのですが、

1ケ月たった今、手もとにこんなにアクセサリー(しかも自作)ができるとは思いもしませんでした。

水晶のクラスターを手に入れたときや、ラブラドライトという石を見つけたときの、なんともいえない気持ちよさで「石」に少し興味を持ちました。

そのほかに、もうひとつきっかけがありました。

やっぱり、7月末頃のことです。

石を使ってるアクセサリーが最近よくうってますが、デパートのアクセサリー売り場でも以前のようにプラチナやゴールドをつかったものより、石が目立つようになったんだなぁ

と、石に興味を持ち始めた私、

それまでめったに覗かないアクセサリー売り場をうろうろしていました。

そこでは、臨時で出していたお店もたくさんあって、実物を見た事のない石をたくさんみて「へー」なんていって遊んでたわけです。

その中で、すごく興味を引いたものがあったんです。

それは、「JET」。

ヴィクトリアンジェット・10ミリ丸玉ネックレス(42センチ) 木の化石でつくられたものなんです。

黒のアクセサリーが好きなので、ちょっと覗いてみたところ、

お店の方がこの「JET」という石についての、イギリスのヴィクトリア時代からのいわれを教えてくださって、

今では皇室の御用達でもあるそうです。

で、一度つけさせていただいたのですが、これがまた驚き。

き・・・・・気持ちがいい・・・・

聞くと、マイナスイオンがかなりの量発生させているそうです。

鏡を見せていただくと、その黒の深さがとても綺麗・・・!

アクセサリーで、ここまでうっとり惚れたのは、はじめてかもというほどとても気に入りました。

これが、アクセサリーに対する興味の火をつけるきっかけになっちゃいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

9月になりましたね

今日から9月。関西では夕べから降った雨のおかげか、急に秋の気候。

秋は、暑いのが苦手な私が一番好きな季節で、こういった風が吹くと毎年ワクワクしたものなのですが、

今年の秋は、ちょっと(かなり)憂鬱。です。

休職したまま結局夏越して、痛みは増す一方。

今日も気候の変化で体調がすぐれません。

も…もったいない…いつもならこんな気持ちのいい風がふく日は1日気分がいいのに…

第2次休職期間は、来週の水曜日まで…なのか。月曜日に定期診断。

でも、まだ痛いよ…???

グチっぽくなりました。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »