« 紹介状を持って8月にいった病院 | トップページ | 百貨店のアクセサリー売り場荒らし? »

2006年9月15日 (金)

紹介された病院での受診2回目

金曜日の朝一番に、8月末に紹介されて受診した病院へいってきました。

一番不安だったのは、なんと言っても「朝、うごけるか」&「朝、起きれるか」。

そう不安がっていたからではないと思うのですが、

(思うというより、前日寝すぎが原因…)

前夜まったく寝れずに結局朝を迎え、久しぶりに朝日を拝み、ベランダで爽やかな風にあたりながらコーヒーを飲み、

わさわさ増えつづけているグリーン達にお水をあげてから出発しました。

ああ、朝って、すがすがしい…

診察の結果、想像どおり膠原病の心配もなく、特に骨の異常も見当たらず、

治療方針は、初診時に先生がおっしゃったとおり「服薬治療」を主に行うことになりました。

そのお薬も、処方していただいている先生からの紹介状を持っていき、その際にトリプタノールは効果が見られなかったとのコメントを書いていただいていたようで、

現在服薬しているメイラックスとルボックスを飲み続け、

状況によっては、ルボックスをもう少し増やす方向で考えましょうということになりました。

診察の際に、興味深いお話をお聞きしました。

首のレントゲンをご覧になっておられる際に、

「あー、ああー。よう見えてるわ~」

とつぶやかれました。

なんのことかというと、

長期間、疼痛を持っている人の特徴として、肩が下がってくるそうです。

そうすると、本来であれば横から頚椎周りをとったレントゲンでは、頚椎の下から2番目までの骨は肩の骨とかぶる形で隠れて写るところ、

疼痛持ちの場合は、肩の骨より上に出て、9つある頚椎がきれいに良く見えるそうです。

なので、客観的に「疼痛を抱えている」と判断することができる方法のひとつにもなるそうなんです。

その先生は、疼痛持ちの事例をたくさんご経験されていて、「痛み」に対するメカニズムについての理解度が非常に高い先生だそうです(紹介元の先生曰く)。

もうひとつ、痛みについてお聞きしたことがあります。

これは、私と同じような疼痛を持っておられる方に少し参考になれば幸いなのですが。

私の感じている「痛み」は、要は「脳みそのオーバーヒート状態」が引き起こしていると考えられるそうです。

(そう判断されたのは、痛みを感じはじめた頃の生活パターンからなのですが。)

詳しい仕組みは、私の解釈が間違っていると大変な誤解を招くので避けますが、

大脳と脊髄の間には、中脳と延髄があり、

例えば、手に針をさして「いたい」という信号を知覚神経のある脊髄がキャッチして、

その信号が脊髄→延髄→中脳→大脳とつたわって、脳みそが「痛い!」と感じるそうです。

そうやって、日々多くの感覚を末梢神経から脳みそに渡ってフル活動しているわけなんですが、

コンピューターや精密機械も長時間電源を入れっぱなしだと動きが鈍くなったりバグを起こしたりするのと同様で、

人間も体も脳も休ませなければいけなくて、その休みが「睡眠」という行為にあたるんですが、

その睡眠、長さだけが問題ではなく、何時にとってもいいわけではないそうなんです。

先に触れた、中脳と延髄、ここが、体内時計にそって「休むことができる」時間帯が決まっていて、その時間帯に睡眠をとらないと休めないらしいんです。

その時間帯以外にいくら睡眠をとったとしても、中脳と延髄はせっせせっせと働き続け、「休むことができる」時間に睡眠をとらないままだと、中脳・延髄は休むことが出来ず、結果、コンピューターの電源入れっぱなしと同様、オーバーヒートを起こして正常に働かなくなるそうなんです。

その時間帯というのが、23時~2時の3時間。

この時間帯に睡眠をとるということが、非常に、非常に大切だそうです。

痛みを感じはじめる2年前ほどより、2時ぐらいまではほぼ毎日のように仕事をしていたような生活で、目の焦点が合わなくなってきたときの感覚は、まさに「オーバーヒート」という言葉がしっくりきます。

今の治療は、ともかく、23時~2時には必ず睡眠をとり、朝7時に起きる。

そして、仕事のことは一切忘れて、自分の体と心に心地のいいことをしながらしっかり休養をとる。

そして、薬を、できれば少し増やす。

ということでした。

なぜ、診察が朝一番に入れられたかという理由がここにありました。

9時の診察だったら、いやでも7時には起きなければ間に合わないし、そうすることで夜も早く寝る、という先生の作戦でした。

(結局寝ずに病院にいったため、夕方にダウン、お昼ねならずお夕寝を3時間もしちゃったんですが…)

しかし…23時~2時までに少しでも睡眠時間をとるなんて、ここ何年してなかっただろ・・・・?????

ここ長年、だいたい床に就くのは2時半~3時が平均でした。

ということで、私と同じようにともかく原因不明の疼痛を抱えてる皆さん。

まずは、23時~2時までに睡眠時間がかぶるように寝るようにして、しっかり脳みそを休ませて上げてください。

私は、9月後半と10月前半、どーーーーーしても出なければならない仕事が出来たので、

(休職にならへんやんか…)

10月の後半に4~5日間程度、山篭りして脳みその休息をしっかりとろうと思います。

紹介元の先生からお聞きした「興味深い話」は、また次回…

« 紹介状を持って8月にいった病院 | トップページ | 百貨店のアクセサリー売り場荒らし? »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紹介された病院での受診2回目:

« 紹介状を持って8月にいった病院 | トップページ | 百貨店のアクセサリー売り場荒らし? »