« 感謝の心を忘れたらだめ | トップページ | くせになったビーズの「ストック」 »

2006年10月 2日 (月)

お見舞いにいただいたバラの花

9月のことでしたが、

先日、気分転換にお茶に連れ出してくださったお友達から

お見舞いに大輪のバラの花をもらいました。

やっぱり、「お花をもらう」というのは、すごく嬉しいですね。

ものすごく癒されました。

淡い、ニュアンスのあるピンク色の花びらが幾重にも幾重にも重なっている花で、

いただいてから1週間以上もの間、心を和ませてくれました。

その花を見ながら、ふと頭をよぎったこと。

「何かで…バラって挿し木で増やせるって聞いたことがあるような…」

さっそくネットであれこれ検索。便利な時代になりましたねぇ…

結果、うろ覚えはあたっていて、切花でも挿し木が成功する場合もあるとか。

しかし、挿し木に適した赤玉土はもう残っていないし、鹿沼土は買ったことがない。

それに、土は、これ以上増やしたくない…

と思ったら、水挿しで成功している方の話しなども見つけました♪

バラの花は3本。

品種改良をしているバラの花だったのですが、そういった場合は接ぎ木でないとなかなかうまくいかないと書いてました。

花をいただいて半月程度。

現在、水に挿された挿し木の茎1本、まだ頑張ってくれています。まだ根の元がでていないけど。

そんなことから、

バラの花って、これまであまり興味をもっていなくて、

どちらかというとキク科の花かハーブ類、あとはカラーのようなシンプルなものが好きだったのに

興味の対象がまた増えたのでした。

その後、安く売っている機会を見かければバラの切花を買い、

飾るようにカットする際に花からみてちょっと短めに切り、

残った下の方の5枚葉が2枚程度ついた茎をつかった挿し木実験中の茎が

既にプラス8本。

そして、それとは別に、比較的丈夫だといわれているミニバラの鉢が2鉢増えました。

そして

バラ   バラの本を買って勉強し、

ミニバラの鉢の植え替え用に

プロトリーフミニバラの土 2リットル ミニバラ専用の土を買い、

緑化「無」計画さに拍車がかかっていくのでした…

まさか、もらったバラの花から、こっちに興味がいくとは思ってなかった…

これだけここ数ヶ月でいろいろ手を出してるけど、

イタイイタイといいながらここまで凝るのなら、

どうせだったら何か資格の勉強してたらよかったのでは?

と、ふと頭をよぎりました。

でも、まぁ、これらのことは、頭使ってないからなぁ(苦笑

« 感謝の心を忘れたらだめ | トップページ | くせになったビーズの「ストック」 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

緑化「無」計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見舞いにいただいたバラの花:

« 感謝の心を忘れたらだめ | トップページ | くせになったビーズの「ストック」 »