« 久しぶりに朝日を浴びました | トップページ | エコ・プランツとはなんぞや »

2006年10月26日 (木)

我が家にやってきた新しい子とは…

昨日に書いた、我が家にやってきた新しい子。

これは、日曜日に園芸教室に参加した際に出会った子なんですが、

会場が、複数の企業が出資して運営している研究室だそうで、

その内のひとつの企業が、園芸教室を主催しているグリーンショップだったんです。

そこには、成長して姿が乱れて店先に置けないグリーンや、

季節はずれ、または店先に長く置きすぎて調子を崩しちゃったグリーンが

世話してもらったり、生育期を待って復活するのを待ちながら、

その間に「超特価」価格で、その姿が乱れている状態で

(中には根っこしかないような苗もあったり)

売られてもいたんです。

そのなかに、

以前から、そのお店の別店舗で、

前を通ってはう~ろうろ、う~ろうろして眺めて、

ほしーなー、ほしーなー、と思いつつ、

「いや、今はあかん、今はあかん、経済状況考えろー考えろー」

としつこく眺めていた子と、

少し種類は違うのですが元種類は同じで、

しかも、もっともっと大きな子がいたのです。

初めて見たときは、

「うわー、これまた立派に育って…こんなん特価ったって、高いやろうなぁーーー」

と値札を見ると、

な、な、な、なんと、2500円!!!!

普通、この大きさなら7千~1万はするぞ!?というほどのもので、

店先においていたときより更に育ってしまって大きくなった

10号プラ鉢植えのゴムの木でした。

それは、もういくつも枝分かれして、

恐らく、たくさん取り木もしてみに観葉苗としてもうったであろう後もあります。

札には「ゴムの木」としか書いていませんでしたが

・【送料無料】エコプランター+エコア【UVタイプ】とフィカス・ロブスターのセット   多分、写真のような、「ロブスター」という種類だと思います。

これが、鉢底からの背丈が160センチ。

大きく3方向に枝分かれしていて、それぞれがぐぐぐぐ~~~んと伸びています。

内、ひとつなんかは、横に90センチも!

一番伸びてない枝でも60センチ!

…歩いてはさすがに持って帰られへん。

配達してもらえるかたずねたところ、その日は日曜日で担当者不在のため

月曜日以降に連絡をいただくことになったのですが、

結果、事情があって配達不可、

自分でなんとしても連れて帰らんとダメという事。

車持ってたらそんなのワケないのですが…

と、深くも考えず、答えをもらって、

「あ、分かりました。じゃぁ、ともかく今日行きます」

と、火曜日にいそいそ徒歩で現場まで。

お店の人の心配をよそに、

色々おき場所だの取り木の方法だの質問攻めにして、

結果、タクシーを呼んでもらって、むりから乗せて連れて帰りました♪

時期が時期なので、灌水も控えめにしていて土も乾いており、

しかもプラ鉢なので思ったより重さがなく、

大きさだけ気にすればよかったので

家に運び込むのは想像を裏切り、案外簡単でした。

(いよいよのときは管理人の方に手伝ってもらおうとたくらんでいましたが、ひとりで大丈夫でした。)

しかし…置く予定の場所を寝室にしていたのですが…

それでなくても広くない部屋。

「ゴムの木だらけぇーーーーー!」

てな感じになりました。

ゴムの木はNASAの研究でエコプランツに指定されてるときいてて

環境に随分といいらしいけど、

これ、寝てる間に、夜中、窒息せんやろか…(汗

※ 植物は日中光を浴びると二酸化炭素を吸って酸素を吐きますが、暗くなると逆で、酸素を吸って二酸化炭素を吐き出します

てなわけで、また、「無」計画振りを大いに発揮してしまいました。

はい。この日も、体に無理をいわせたためその後ぐったり、

早めに寝たのに翌日も遅くまで起きれませんでした…

療養・・・・してるの?

会社との話し合い、大丈夫?

問題な~い、問題な~い。大丈夫、大丈夫。

↑ ルボックス効果…

« 久しぶりに朝日を浴びました | トップページ | エコ・プランツとはなんぞや »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

緑化「無」計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに朝日を浴びました | トップページ | エコ・プランツとはなんぞや »