« 誰のための人生? | トップページ | 12月 »

2006年11月30日 (木)

ココロバから新しい葉っぱが!

我が家にはシーグレープ(ココロバ)が2鉢います。

そのウチ一つは

黒い陶器鉢に植え付けされていた、鉢の高さを合わせて90センチ程度の中サイズの子をお店から運んでもらったもの。

もう一つは、夏に近所のグリーンショップから連れて帰ってきた

こんな感じの、プラ鉢に植えられていたちいちゃな子。

もちろん、家に連れて帰ってきて直ぐに陶器鉢に植え替えてあげました。

でも、どうも鉢が大きすぎたようで、

根がしっかりつかずにぐらぐらぐらぐらしてたのです。

それで、1ヶ月ちょっと前ぐらいでしょうか、

もうちょっと小さい鉢に植え替えました。

でも、さきっちょについている新芽はうんともすんとも言わない状態で

11月も終わりを迎えました。

「もしかすると、葉っぱも元気なように見えて、実はもう…」

と、少しあきらめていました。

今日、臨時仕事で出張に出る予定があり朝早いのですが、

どうも寝付けず、とうとう起きだしてしまい、

2時間ほど前、夜中というのに家中の緑たちに葉水をシュッシュシュッシュふいてました。

その時!

昨日みたときには、かたく閉じたままだったココロバの新芽が

割れて、葉っぱを出してるんです!!

ようやく根付いて、

ようやく、居場所に慣れてきたのでしょう。

冬前に体力使って大丈夫かなぁという心配もありますが、

無性に嬉しかったです。

ぶかぶかで居心地の悪いところに植えつけるわ、

途中で植え替えるわ、

この子にとっては「逆境」続きの環境において

悪いことをした…と思っていたので

新しい葉っぱを見たとき、頭が下がりました。

もう寒い季節に突入したというのに

 ゴムの木ロブスターも

 クワズイモも

 モンステラも

 アロカシアグリーンベルベットも

まだ新しい葉っぱを出そうとしています。

ベランダにいる子たちも元気です。

今ではいくつかいるミニバラの中でも、

初めて来た子なんかは、一度黒点病にやられて

完全にはげっチョロになったのに、

蒸れるのではと心配するほど繁々と育ってくれています。

改めて、グリーン達に教えてもらってる事がたくさんあるなと

思いました。

ちょっと最近、シミジミとした内容が続きますね。

シミジミ感じてるのです。

しみじみ…

いまさら眠くなってきた…

新幹線の中で寝よ…

« 誰のための人生? | トップページ | 12月 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

緑化「無」計画」カテゴリの記事