« 気に入ったCD | トップページ | ふたたびごろごろ水がやってきた♪ »

2006年12月19日 (火)

症状悪化…

先月はひどい風邪をひきましたが、風邪が治った後、どうも調子を崩す率が多くなってきました。

季候が変わって冷え込んできたこともあると思うのですが、

風邪を引いてるときは、そのしんどさが勝っていて、普段の調子悪さより「わかりやすい」しんどさで、おかしな話、気分的には楽だったのですが、

その後、やはり「わけのわからない調子の悪さと体の違和感」が、風邪が治ったあと、日に日に増してきています。

ちょっと、いや、かなりつらい。

で、先日主治医の内のひとりの先生の受診がありました。

そこで新しい事を聞きました。

慢性疼痛を持っている場合、ウィルス感染によって症状が悪化する事があるそうです。

そのため、慢性疼痛の症状がある場合は風邪などのウィルス感染には気をつけないといけないそうです。

私の場合、11月のひどい風邪が原因で、痛みが増している典型だということです。

ええーーーー!先生…はよゆうてぇ…

と、言われていたから防げていたものでもなかったのでしょうけど…

もう、いままで休んでたのはなんだったの?ていうくらい、仕事でストレスがかかっていないのに痛みはひどくなってます(泣

新しいお薬を出してもらいました。

これまでのお薬に追加です。

ノイロトロピン錠を朝・晩 食後に2錠ずつ。

このお薬は、先生の説明によると、

痛みを抑制する機能が脳の中に備わっていて、

その機能をもつ脳・神経の事を「下降性疼痛抑制系」と呼ぶそうなのですが、

そこに働きかける痛み止めだそうです。

帯状疱疹後の神経痛などへも投与されるお薬だそうで。

もともと、私のこの痛み自体が「下降性疼痛抑制系」の機能異常が引き起こしている慢性疼痛だそうなんです。

その機能をつかさどる脳神経の部分は、体内時計で成長ホルモンを出すとも言われている「23時~2時」の時間帯に睡眠をとらないと休息できず、

肌荒れや体調不良などの原因にもなるそうなんですが(夜更かしは美容に悪いっていうそれですよね)、

そんなの、私、何年続けててんというぐらい続けていたため

その機能が「オーバーヒート」、コンピューターでいうと「フリーズ」「バグってる」ということだそうで…

あーーーーーー

慢性疼痛のある方、くれぐれも、くれぐれも風邪ひかないように気をつけてください。

« 気に入ったCD | トップページ | ふたたびごろごろ水がやってきた♪ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気に入ったCD | トップページ | ふたたびごろごろ水がやってきた♪ »