« HATS MUSIC FES '07 、そして、痛みが…! | トップページ | あふれかえっていた病院の待合室 »

2007年2月23日 (金)

足マッサージ

昨年末より

半年ほど前に知り合った方から熱心なお誘いをいただいたのをきっかけに

フットマッサージの練習をしていました。

その実技試験が今日だったのですが、

少々(いや、だいぶ)我流が入っているものの

同じ教室の方と学習を今後も重ねていく事を条件に

修了証をいただくことができました。

その資格を持ってサロンを開くとか、

そういった具体的なものは特に考えてはいないのですが。

(というよりも、するよりしてもらうほうが好き…)

修了証をいただくに当たって

何十人かに練習台になっていただいて、

その証明を提出しなくてはならず、

一人暮らしで、これまで仕事がほとんどだったので近所に友人が少ない私にとって

これがとても難関でした。

が、何とか練習台になっていただく人を見つけることができ、

たくさんの方の足を触らせていただきました。

(実験台になっていただき、ここを見られることは無いとは思うのですが、ありがとうございました!)

足の裏を触ってると、素人ながらに思うことがたくさんありました。

ものすごく健康な方、

関節を少し痛めている方、

消化器がつかれている方、

首・肩がこっておられる方、

リンパの流れがあまりよくない方、

婦人科系が弱っておられる方…

体の症状もさながら

その方その方の生活背景などが足を通して垣間見ることがあり、

「ああ・・・・皆さん、懸命に“生きて”おられるのだなぁ…」

と感じました。

足を貸していただく事で、これまでさらりとしたお付き合いだった方と

距離が縮まった方も何人かおられます。

マッサージをしながらお話をしていると

見た目では分からないところでストレスと付き合いながら

皆さん生きておられるのだな…と感じました。

これまでの紆余曲折してきた深い話を聞かせていただいたり、

今抱えている悩みや寂しさをポロっとお話いただいたり、

だまって練習台になってくださって、でも、

足はとても疲れている体を現していたり、

その方その方の「生き様」を足を通して垣間見ることができる、

とても貴重な、とてもありがたい期間でした。

そういうことを通して、とても勇気付けられたと

今、しみじみ実感しています。

みんな、懸命に生きてるんだ。

体で感じます。

このフットケアの講習で、そんな事を感じる時間になるとは思いませんでした。

練習台になってくださった方々へお礼のご連絡をし終わった今、

改めて感じました。

人って…素晴しいですね。

« HATS MUSIC FES '07 、そして、痛みが…! | トップページ | あふれかえっていた病院の待合室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HATS MUSIC FES '07 、そして、痛みが…! | トップページ | あふれかえっていた病院の待合室 »