« 驚いた。石の力? | トップページ | 線維筋痛症 »

2007年2月 6日 (火)

ひと段落

昨日、日付が変わる寸前まで

仕事で根詰めた打ち合わせをして、

一月末から続いていたハードな期間がとりあえず終わりました。

今日は痛みが強く、お天気もよく温かい一日だけど

痛みがぐぐぐっと増して

家に引きこもっています。

しかし、よく考えると

昨日までの内容どころか

休職前はそれの3倍ぐらいの内容を

しかもほぼ毎日、日付が変わるまで続けていたわけですが

そら…体に悪いなぁ…と痛感しました。

金曜日と昨日は、参加している相手もフラフラになっていました。

でも、まぁ、これで

結果論としてはかなり強制的になりましたが

長年、社内で誰も分かろうとしてもらえなかった事の

その入り口の扉を

あけてもらえた形になったと思います。

どうして、社外からは私を指名してこられるのか

少しは分かってもらえたのではないかと思います。

私のやっていたことは、会社の利益につながることが

少しは分かってもらえたのではないかと思います。

それは、今、会社でやってる事の中で

私が担当していたことは

実は誰もが避けては通れない、という事で

誰かに押し付けて蓋閉める、という方法では無理だという事、

誰もがせめて入り口だけでも知っておく必要があるという事。

それをしなかったから

ある分野でそれに関わる社外の人と、どこまでいっても言葉が通じず、

その反面私とは言葉が通じたこと。

それを見る社内の人間は

「あいつは社外の人間と親しくなりすぎる」

「あいつは自分の得意分野に固執する」

という言葉で表現され続けていました。

それを聞かされ憤慨し続けていました。

決して好きな分野でも得意な分野でも、専門分野でもないのですが。

社外の人間と、個人的に親しくする事なんてなかったのですが。

全ての行動は、「帰属意識」から来るものでもあったのですが。

でもなぁ…

そんな当たり前の事を「あいつが悪い」「こいつが悪い」で済まそうとする雰囲気に

愛想尽きてたのですが、

昨日が終わった事で、

「もう、やるだけのことをやった」という気になり、

そうすると、

気持ちが切れました。

社内の人間に、なんで伝わらないのだろう。

そう思って、もちろん自分なりに相当動きもしたのですが、

効果が無かったどころか、立場が悪くなる事にもつながりました。

でも、もっとうまくいく方法はなかったのか。

当時の自分に他の方法を思いつかなかったから、

こうなったんでしょう。

「原因」と「結果」。

“今の自分”は、自分に原因がある、です。

でも、過去のことをアレコレいってもどうにかなるわけでなし、

適度に反省し、しっかり勉強材料にして、

スタンスを取り直して、前に進むことにします。

まずは、まだうまくない痛みとの付き合い方を学習して。

« 驚いた。石の力? | トップページ | 線維筋痛症 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

へー.すごいね.他人に自分を分かってもらうなんてすごく大変.がんばりましたねー.

投稿: HAWK2700 | 2007年2月12日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひと段落:

« 驚いた。石の力? | トップページ | 線維筋痛症 »