« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月29日 (木)

「森」ライブ!はまりました…!!!

先週、大阪心斎橋にあるライブハウスに行ってきました。

きっかけは、

音と人柄にほれてる(これを“ファン”というんですよね)、

 チェリストの柏木広樹さんの音楽を、

他には聴ける機会はないものかと

先月にHATSフェスに行ってからインターネットで探していたところ、

何年か前に「ユニット」として組んだ

柏木広樹さんを含んだメンバーが

“森”という名前の「バンド」としてCDをリリースされることになって、

その発売記念ライブをする事を知って

早速行ってきたのでした。

期待していたのは、

HATSレーベルから出しているCDの「雰囲気」だったのですが、

これが、全く期待していた内容とは違い

別の意味で、もう、すごく濃く、迫力ある内容で

ライブが終わった頃にはすっかりノックアウト状態でした。

もちろん、

 ライブが終わったあとは迷わず会場でCD購入、

メンバー5人の方全員にサインと握手をしていただき、

ニヤニヤウキウキしながら帰りました。

かなり内容、濃いです。

メンバーは

柏木広樹さん(Cello)はもちろん、

柏木さんと別のバンドのメンバーでもある越田太郎丸さん(Guitar)、

ビッグアーチストのCDやツアーによく名前を並べておられる西嶋徹さん(Bass)、

“NANIWA EXP”のメンバーでもあり、ビッグアーチストのアレンジやプロデュースをされつつ、ライブ活動なども幅広くされている青柳誠さん(Piano)、

元“THE SQUAER”のドラマー、則竹裕之さん(Drums)、

です。

ライブ後、ヘビーローテーションでCD聴いてますが、

聴けば聴くほど、はまります。

かなり、かなりお奨めです。

ライブを聴きながら思ったことは、

「こんなライブの内容だったら、ロイヤル○ースみたいなライブハウスで聴きたいなぁぁぁ~」

だったのですが、

家に帰ってから会場でもらったチラシ類を見てたら、

メンバーは柏木さん、越田さん、青柳さんの3人になるようですが

5月1日に、その「ロイヤル○ース」(大阪梅田)でされるとのこと。

…4月に職を失うかもしれない私としては、

このライブがとりあえず足場が固まるまでの“ラストイベント”としてたので、

い、いけるか…

「ああああああーーーーー楽器したくなってきたぁ~

しかし、10何年も触ってないから怖いぃ~・・・」

と思ってたのですが、

青柳誠さんがつくった曲で、“ピアニカ”がメインの曲が一曲ありました。

それを見て、

「こ、これなら私でも少しは遊べるかも!!!」

ついこないだ「リコーダーぁ~」と言ってたのが、

今は「ピアニカぁ~」ブームです。私の中で。

しかし、痛みが変わるのは、HATSレーベルなんだなぁ…不思議と…

なんだろうなぁ…

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月24日 (土)

プロに褒められた!!

先日、たまたま立ち寄った阪急梅田本店の1階で、

あるジュエリーブランドがイベントとして

元ピアニスト&インテリアデザイナーで

ニューヨーク在住のアメリカ人デザイナーさん本人をよんで

(すごいベッピンさんでした。)

そのデザイナーさんの作品を並べて販売しておられました。

そのデザインがまた、石の表情が生きるというか

原石ゴロゴロという雰囲気が好きな私にとっては

とても魅力されるデザインで、

つい、見入って、何点かつけさせてもらいました。

そして、帰る間際、

別のお客さんについていたそのデザイナーご本人が、

ぷっと私のほうに振り向いて

私がつくったネックレスを指差して、

「Very beautiful!」

と、2度、深くうなづきながら褒めてくれました!

む、むちゃくちゃ嬉しかったです。

以上、自慢でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

香りって癒されます

先日お洗濯をしたとき、久しぶりに柔軟材を使いました。

数年前に買った当初はよく使っていたのですが、

残り僅かになった時点からうっかり使い忘れていて

何年もたっていたのに気付き、

たまたま使いました。

その柔軟材で仕上げたシャツを今日来て、

更には、その柔軟材で仕上げたタオルをヨガの教室で使いました。

ここのところ、寒の戻りの影響か

痛みが復活していて調子を崩していました。

ところが、出先でコーヒーを飲んでいるときに

自分の着ているシャツから“ふわぁ~”とした香り。

「わー、いい香りするなぁ~」

と気付いた時、同時に痛いのにカリカリしていない自分にも気付きました。

それと、心なしか痛みが気付いたと同時に少し和らいでる気がします。

ヨガの教室の時、いつもタオルを下に引いてレッスンを受けるのですが、

各ポーズごとにとる「シャバ・アーサナ(屍のポーズ)」の時、

タオルから漂う香りに包まれます。

「うわぁ~、なんか気持ちがいいなぁ~」

と思ったとき、

いつも筋肉がこわばって「力が抜けない状態」になっている左側が

ふわっと力が抜けてる感覚がありました。

そういえば、

トレガーアプローチの施術を受けている針灸整骨院でも

タオルからいい香りが漂ってきて気持ちがいいなぁ。

しばらく柔軟材を使って洗濯物を仕上げてみよ♪

使った柔軟材↓

 デュランス ソフナー “ティヨール(菩提樹)”

針灸整骨院で使っておられる柔軟材 ↓

   ダウニー エイプリルフレッシュ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

足の次は「手」

先日、足のマッサージの資格を取ったとここに書きましたが、

その資格を取った人たち対象に、

数日前ハンドマッサージの講習があって、

せっかくだからと思って受けてきました。

手は足ほどシビアではないようで

(それか、足で資格取ったからOKなのか)

マッサージの方法を教えてもらうだけで終わりました。

習ったマッサージの種類は、リンパの流れを促す「リンパドレナージュ」という手法で、

その時に教室を開いている協会が指定しているローションを使用するのですが、

去年末から足のマッサージをひたすら練習をし、

続けて手のマッサージも練習し、

そんなのを繰り返していて

久しぶりに昨日、練習台になってくれたある方に

お礼がわりに手足全てのマッサージをさせていただいたとき、

その方に指摘されて気がついたことがありました。

手の肌の色がきれいになってる!!!!

裏表とも。なんか、きめが整ってピンク色してるんです。

そういや、人を触る分だけ自分もローションを触ってるわけで、

手からぐんぐん吸収してたんですねぇ…

思わぬ副作用にちょっぴり嬉しい。

もちろん、施術した相手の方の肌も

施術前の足又は手と比べると色白、プルプルに。

いやぁーーー、こういうマッサージって効果あるのですね!!

何人かからは、

数日便秘だったのが、家に帰った途端「開通」した!とか、

昨日から張っていた首から肩が、すごく軽くなった!とか、

体がホカホカしてよく眠れた!とか、言って頂いて、

ひょっとして、私ってセンスある?と少し嬉しい♪

しかし、実は使用しているローションの効果という話も…。

ちなみに使用しているローションはこれです。

  アロエのローションと

 ユーカリの入っている乳液

この2種類を混ぜてマッサージしました。

手は、外気に触れるので、ローションと乳液はマッサージの仕上げに塗りこむだけで、

マッサージの時には

 アロエの成分が入った洗顔フォームを

ホイップクリームのようにたっぷりあわ立てて、

手から腕全体に塗ってマッサージします。

これが、まぁ、肌が白くなるんだ。

なんでも、

アロエ(この商品はキダチアロエでなく、アロエベラ)の成分の粒子が非常に細かく、

肌に塗ると数秒で浸透して、リンパや血液に吸収されて全身に回るところがいいらしく、

その効果を出す成分が「バリン」といわれる成分、だそうです。

バリンという成分は必須アミノ酸の一つで、

血液中の窒素バランスを調整したり、脳・筋のアンモニア代謝改善作用があるそうです。

また、もちょっと勉強するようなことがあれば(あるかどうか分かりませんが…)、

その時に、そこらの効果などはご紹介する機会を持ちたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月13日 (火)

思いのほか難しかった「笛」

ここのところ、ブログさぼりがちです。

先週から、体に負担がかからない程度の

まぁまぁいい具合に、なんだかんだと予定が入って

充実・・・とまではいかずとも、まぁまぁ出かけています。

今日は、久しぶりに「笛」を吹いてきました。

ある年代以降の方だったら小学校の頃に必ず一度はふいたことのある

「リコーダー」です。

私、小学校の頃、このリコーダーが大の得意で、

当時は音楽の先生にも「そっちの道にいったらどうなの?」とまで言って貰い

もう何十年もふいていないくせに、

自分の中で「得意分野」のままにしていたものでした。

昨日、ひょんなことで、

最近知り合った方が

地域の主婦友達でリコーダーのグループを組んでいる事を知り、

さらには今日練習日ということも聞き、

「パクッ」と食いつきました。

で、そのグループ練習に今日飛び込んでみたのですが、

驚きました。

主婦の方々が趣味で…の割りに、

みなさん、木製のすごくいいリコーダーを持ってらっしゃる!!!

しかも、柔らかくきれいな音を出して・・・!!

「まぁ、(小学校の頃に)音楽の先生に、“あなたみたいな音を出したくて仕方が無い”」とまでいってもらったので大丈夫でしょーーー」

と思い、

小学校の頃に使っていたソプラノリコーダー(樹脂製)で音を出してみると

「ピィーーーーーーーッ」

…耳を劈くような音しか出せません…

しばらくすると慣れてきて、まぁ少しはやわらかい音にはなりましたが、

他の方と比べると、もう小学生が学校の帰りに歩きながらピィピィふく音のよう(汗。

それに、息が難しい。

正味1時間半の練習だったのですが

終わる頃には横隔膜が痛く、目はチカチカ、

痛い左半身のこわばりが強くはなるし、

「得意分野」という思い込みは、足元から崩れ去りました…

しかし…木製のリコーダーの音、すごく温かみがあって、気持ちがいいです。

 木製リコーダー、ほしい…

そして、

 このCDのような曲吹きたい~です。

(ちなみにこのCD、キースジャレットがハープシコードやチェンバロを弾いている、

バッハのソナタです。大のお気に入り♪)

あーー、

生活基盤の事そっちのけで、興味がどんどん広がる~

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 6日 (火)

友人宅での体験

今日、友人のお父様からご相談があるといわれ、

友人の実家へお邪魔してきました。

ご相談内容というのは、20代の頃に私がしていた仕事と

少しリンクする事業をお父様が数年前よりされていて、

営業方法やこれからの業界の動きなど

聞かせてもらいたいというものでした。

約20年ぶりに伺うその家は、

門から玄関にかけての雰囲気はそのままで

とてもなつかしく、

でも、

キッチンからダイニングにかけて数年前に改装されていて、

随分雰囲気が変わっていました。

床はう造り仕上げにした杉のムク材のフローリングに、

壁と天井は漆喰のなんとも暖かい色合い雰囲気、

そこに、白熱灯の間接照明でさらに深みを加えられていました。

建具や家具も全て杉材。

どうも気持ちがいい。

聞くと、お父様のその会社で扱っている材質で、

今、私が以前やっていた仕事とリンクする仕事以外にも

シックハウス症候群にならない、体にいい家作りに着手されようとしているとの事でした。

となりの応接間は改装されておらず、

確かに比べると空気が違う。

その床材や壁・天井材は、ただの杉材や漆喰とはちょっと違うとの事でした。

それについては機会をつくって書こうと思います。

今日感じたことは、

人と長時間話したりしていると途中で随分と疲れが出て

後半はほとんど記憶なし…ということがまだまだある状態なのですが、

今日も随分と長く(13:30~20:00)同じところに座って長く話しっぱなしだったにもかかわらず、

疲れてないんです。

立ち上がったあとのいつものギクシャク感もなく、

動きがスムーズでした。

なんでしょか!?!?これ…

途中、友人が子供をつれてやってきました。

子供が部屋に入ってくるなりひとりは床にほおずりして、

もうひとりは壁にひっついて気持ちよさそうな顔をしています。

夕飯をご一緒させていただいて帰ってきましたが、

帰ってからも調子はいいです。

なんでしょか????これは・・・

ちょっと、大きなヒントをもらったような気がしました。

| コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月 5日 (月)

音楽は「痛み」を…!?

今日、ちょっと驚いた事がありました。

先日、HATSフェス ’07 に行ってきた時に

痛みの種類が変わったと書きましたが、

それからしばらく持続した後、

先週末あたりからちょっと痛みや違和感がまた復活していました。

左側の顔は痛みでしかめっ面になるし、

顔はかってにぴくぴく動くし、

あるけば調子崩すしと、

「あーー、せっかく良くなった実感があったのに、逆もどりかぁ??」

と、少し気分がふさぎこむような調子でした。

でも、家に引きこもったって気分はますますふさぎこんでしまうので

今日、無理が無い程度に少しだけ外に出ました。

私、ドトールのコーヒーが割と好きでよく入るのです。

スターバックスより、ドトールの方が好き。

で、今日もドトールに入りました。

すると、入った途端に

葉加瀬太郎さんがドトールと企画して

HATSレーベルのミュージシャンの曲のうち、弦楽だけ選曲してつくったCDが

流れ出しました。

(つい先日まで店頭で案内してたのですが…最近ないですね)

「ひょっとして、ドトールでよく耳にしてたから、最近HATSレーベルにはまってるのかなぁ~」

なんて考えつつ、耳を傾けつつコーヒーを飲んでいました。

結局、そのCDの曲が終わるまでいたのですが、

店舗を出る頃、ちょっとした変化に気付きました。

痛みが和らいでるんです。明らかに。

店に入ってから、

コーヒーを注文するときも、

席に座るときも、

カバンの中からものをとるときも、

常に顔にまで広がっていた痛みと違和感が気持ち悪くて

気分もふさぎがちだったのですが、

お店を出るときには

完全にはとれてないものの、とても軽くなっていたのです。

お店にいるときは、気付けば曲に集中していました。

ファンになってるからかなぁ????

それとも、曲???

それか、弦楽というのがミソ????

ということで、嬉しくなり、

家に帰ってからずっと

葉加瀬さん、柏木さん、T.Kunugi&…さんのCDをずっとかけっぱなしにしてたのですが、

流れている間はやはり痛みがジワジワ和らいできて

曲がストップしてしばらく無音でいると

ジワジワ痛みが復活してきます。

…これは…!?

何が効いてるの?????

ちょっと試してみる価値大いにありそうです。

当面、「HATSレーベルの曲漬け」になってみようかと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

3月になりました

3月です。

大阪では、春を思わせる気持ちのいい1日でした。

昨日、友人宅で遅くまで久しぶりに飲んでいて

寝不足が2日続きの今日は

ふわ~んとした1日を過ごしました。

さて、今所属している会社で休職が認められる期限が目前に迫っています。

今月には結論を出す必要があります。

そんな状態で3月を迎えました。

2月後半ごろより、痛みの種類が変わっている感じがしています。

痛いのには変わりないのですが、

気持ち悪くて我慢できない違和感を感じることが少なくなり、

シンプルな痛み方になっている気がします。

先日、いつもお世話になっている針灸の先生のところへ

トレガーアプローチという施術を受けにいってきました。

この先生、

人の「オーラ」や「気」が見えるそうなんです。

普段はスイッチをオフにして特に見ていないそうですが、

私の場合は、先生とよくヨガの話をするため

時々施術中に見てくださるときがあります。

先日も見てくださったようで、

「ここ最近、かなり気の流れがよくなってきていますね」

とおっしゃってくださいました。

何年かぶりの友人に会う機会がここのところ増えています。

それが、懐かしい話しをするのではなく、

これからどうしていくのか、という

建設的な話になる事が多いです。

この3月、

7月から休み始めて、はや9ヶ月目。

これまでとは少し違う過ごし方になりそうです。

とにもかくにも、

心に必ず置いておこうと思っているのは、

「私は絶対よくなる。」

無理せず、流れに身を任せつつ、

いつも以上に大切に時間を過ごしたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »