« 浪人になって、はや10日すぎ… | トップページ | 自然な香り »

2007年4月19日 (木)

山の中のお散歩

予定を入れていないと

独り暮らしの怖さ、

誰とも一言も口を利くことも無く1日が過ぎてしまうことがあります。

ということで、

ひとりでじっと家にこもっているのには耐えられず、

とある国定公園にお散歩に行ってきました。

そこはもみじが有名なところなのですが、

黄緑の、出したての葉っぱを「ぱっぱっぱっぱっぱっ」と広げた、

立派なもみじの木がたくさんありました。

季節外れで、かつ平日ということもあって人もあまりおらず、

手軽に山の中を散策している気分にひたるには充分な環境でした。

川の水の音、鳥の声、

風に吹かれた木がなる音、葉が擦れ合う音、

もみじの立派な幹が幾十にも立ち上がり、

新緑の葉が重なり合う繊細な風景。

時々、木を触ってみました。

あたたかい。

時々、風の音や鳥の声に耳を傾けてみました。

つつまれている。

自然の温かさをどれだけ感じれるか。自然の音がどれだけきこえるか。

これで、自分の心身の調子がよくわかります。

今日はあまり調子が優れなかったので、少し感じにくく、聴こえにくかったのですが、それを感じることが出来るだけでも進歩です。

たくさんの生命を宿す自然の中を散歩すること、

これ、

最高のメンテナンスですね。

« 浪人になって、はや10日すぎ… | トップページ | 自然な香り »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の中のお散歩:

« 浪人になって、はや10日すぎ… | トップページ | 自然な香り »