« 4月になりました。 | トップページ | 休職期間おわり。 »

2007年4月 2日 (月)

子供から教えられる事

とはいっても、子供を産んだことが無いので自分の子供ではありませんが。

私の体調などなど、とても気にかけてくれている友人家族の家に

先日久しぶりに遊びに行きました。

一時は毎週のように一家と会って、一家と晩御飯を食べて

すっかり「親戚状態」になっていたのですが、

ここのところご無沙汰していました。

そこの子供達と会うのは1ヶ月以上ぶり。

どうも、その子達から見た私の位置づけは、

「お父さん、お母さんのお友達」

ではなく、

「ぼくの、私のお友達」

のようで、

はっきり言って、遠慮がありません(笑。

久しぶりに顔をあわせたときはすこぉーーーし緊張していて

「お。しおらしくなった。よし、このまま・・・」

と思ったのもつかの間、

数分後には全力で絡んで(苦笑)きます。

しかし、子供の成長は早いなぁと思いました。

1ヶ月以上もあってないと、

話し方とか、顔つきとか、

二人とも「人間」の要素が育ってきているんです。

まぁ、そうはいってもまだ「幼児」「児童」の年齢なので、

全力でぶつかってきます。

で、興奮している二人は、子犬のように

ご飯がテーブルの上に並んでいるのに

家の中で走り回ります。

体調が思わしくなかった上に

その時点でくったくたになっている私は

それまでその子たちにかまってたようにかまえません。

「こら~ぁ。ホコリたつから暴れないのぉ~~」

とやる気なぁーーーく叱ります。

もちろん、ふたりにはそんなこと聞こえません。

「ごはんにホコリかかるでしょ~。走り回らないのぉ~」

そんな事を言ってる私に

わぁわぁはしゃぎながらよじ登ってきたり

顔の前に「うわわわわわぁ~」と言いながらおかしな顔を見せにきたりします。

いつもなら、ここらへんで

「あばれるなっっちゅぅてんのが、きぃこぉえぇへぇんんのぉ、くわぁぁぁぁ~~~~」

とか言いながら別の部屋に追い込んで

さんざ子供の暴れん坊パワーを発散させて

おとなしくご飯の前に座るところまでかまうのですが、

その日は

「あーばーれーるーなぁ!」

と言い続けるだけ。

すると、ふたりのはしゃぎはヒートアップする一方。

そのうち、角に足をぶつけたり、ソファーから落ちたりして

ふたりともワンワン泣き出して大騒ぎ。

まぁ、そんなことは、子供さんのいるところだと日常茶飯時なのですが、

この事をさっき、ふと思い出しました。

大人でも一緒だなぁと思いました。

形はどうあれ、

ふたりはコミュニケーションを求めて主張をするんだけど

伝わってないと感じてどんどん声が大きくなる。

その“伝わってない感”が、私の半分投げやりな言葉で更に大きくなって

声も動きも更に大きくなる。

大人も一緒ですよね。

声を発する方が言葉を受け取られていないと感じたら

声が大きくなったり、感情が大きく出たり。

受け取る側は、それがうっとうしく感じて更に耳に蓋をする。

そして悪循環。

子供を見ていると、人間のシンプルなところが見えて、

本当に勉強になります。

その後、

私の体調がその日もあまりよくない事を察したふたりは、

ご飯の後は静かに横にいてくれていました。

シールもたくさんもらいました。

子供に教えられること、たくさんあります…。

« 4月になりました。 | トップページ | 休職期間おわり。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供から教えられる事:

« 4月になりました。 | トップページ | 休職期間おわり。 »