« キング・クリムゾンだった… | トップページ | 痛みはどうなってるかというと »

2007年4月 7日 (土)

無職生活2日目

といっても、

ここしばらくの生活とちっとも変わらないので

実感がちっともありません。

大丈夫か?私…

ということで、

本日、無職になって2日目です。

昨日は

健康保険や現在いただいている傷病手当金がどうなるのかというのを

社会保険事務所に直接聞きにいった後、

ずっとお世話になっている針灸の先生の施術を受けてきました。

先生に、

「昨日付けで退職になりました」

と報告すると、

「おめでとうございます!」

といっていただきました。

新しい生活がはじまるという事で“おめでとうございます”といっていただいたのですが、

これが妙に嬉しかったです。

自分が前向きになろうとしているときに

周りに深刻そうな顔をされたり、大変だと騒がれたりすると

自分も心のどこかで不安を持っていたりするので

そっちに共鳴して、気持ちまで引っ張られて

どぉーん、と落ち込みます。

(そういうのも経験済み…)

しかし、今回退職するに当たって、

プライベートでの周りからもらえる環境というのはとても前向きな空気が多いです。

とてもありがたいなぁと思います。

今の疼痛を持ち始めた頃、

自分も「治そう治そう」と闘ってしまったこと、

周りからも「治せ治せ」と励まされたことが

症状を悪化させる事につながった自覚があるだけに、

この

「おめでとうございます!」という前向きな言葉や空気は

言葉で表現できないありがたさを感じます。

「疼痛と闘うのはやめよう」

そう決めたはずだったのに、

休職しても尚、知らないうちに気持ちが闘っていたりしました。

今でもまだちょいちょいあります。

でも、

しばらく、闘う必要のない環境が出来ました。

「なんでもできる!」という考えを常に頭に持って、

お気楽無職生活をしばらく堪能させていただくとします。

« キング・クリムゾンだった… | トップページ | 痛みはどうなってるかというと »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無職生活2日目:

« キング・クリムゾンだった… | トップページ | 痛みはどうなってるかというと »