« やるせない気持ち | トップページ | 鳥、鳥、鳥、鳥、鳥… »

2007年6月19日 (火)

コーヒーショップのカウンターで

今日、外出先でふらっとコーヒーショップに寄りました。

カウンター席に座って、一息。

コーヒーに口をつけたところに、

隣に健康そうなご高齢の男性が座られました。

そして、

「煙草、よろしいですかね?」

「あ、もちろんです。どうぞ。」

それをきっかけに、15分程度でしたが、お話しました。

とても笑顔が素敵な方で、顔色もいい。

でも、ここは関西なのにイントネーションが標準語。

「お産まれはどちらですか?関西の方ではなさそうですが…」

とたずねると、

その方、関西生まれ関西育ちで、商社を定年まで勤め上げられて30年近く海外赴任されておられたそうで、

多分その間にこうなったんだろうとおっしゃっておられました。

「死ぬまで、何にでもチャレンジする」と、今でも数ヶ国語の教室に行かれたり、ゴルフされたりと、毎日趣味に忙しくしておられるそうです。

「そりゃぁ、“あ・うん”の呼吸だなんて海外では通用しないから、明解な発言は自然と身につきましたよ。赴任先には環境も苛酷な所もありましたが、日本人という意識が更に強くなりましたなぁ。」

その後も、少しお話をして、

「じゃ、そろそろ。」と爽やかにお別れしました。

その会話の中に、印象に残った言葉、

「何事も、できるできないじゃなく、やる“勇気”ですなぁ。」

ゆったりした時間の中ですごく刺激を受けたひとときでした。

« やるせない気持ち | トップページ | 鳥、鳥、鳥、鳥、鳥… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーショップのカウンターで:

» あの映画見ましたか?? [いまこの映画がおもしろい!!]
たまには性欲発散しないと、壊れちゃうってことですよ。 [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 11時39分

« やるせない気持ち | トップページ | 鳥、鳥、鳥、鳥、鳥… »