« やばーーーーーいっ!!! | トップページ | 寝返りうってない… »

2007年10月 6日 (土)

複雑な気持ち

先日仲良くしている友人と食事をしていました。

その友人は医療関係の職業で、薬のことも少し知識はありますし

私が飲んでいる薬のことも知っています。

食事の際にその友人の知人・友人の話を聞いてたのですが、その最中、

ポロリと「こんな症状だと言っているけど服用してる薬は抗鬱剤だから結局“鬱”なんだよ、“鬱”。」

と、好意的でないトーンの声でこぼしました。

それを聞いたとき、かなり複雑な気持ちになりました。

きっとその友人の本音の部分では、私もこう見られてるのかと。

私が医師から説明を受けている「痛みをコントロールするためにSSRIを投与する場合がある」事について話そうと思いましたが、やめました。

それは既に、自分みたいな病名が診断される例がある事を少しでも知ってもらえたらと、数度聞いてもらった事のある内容です。

体調の悪いときなどいつも心配してくれる友人です。

だからといって、数少ない「理解を示してくれる友人」ということで私自身他の人には言ってない体調の話も聞いてもらっていて、随分その人に甘えていた所がありました。

それが、その友人のストレスになることも考えもせずに。

今の気持ちは複雑で重いというのが正直なところですが、

少し考える必要がある事を見せてもらえたように思います。

そう思うと、

やはり友人の存在は、まさに「財産」だと思いました。

« やばーーーーーいっ!!! | トップページ | 寝返りうってない… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複雑な気持ち:

« やばーーーーーいっ!!! | トップページ | 寝返りうってない… »