« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月26日 (月)

合宿にいってきました。

今度の合宿は、ヨガじゃなくて「歌」。

所属している合唱団の合宿に先日行ってきました。

…想像以上にハードなシュケジュールで驚きました。

歌って歌って食べて歌って歌って食べて歌って歌って…の2日間。

で、帰ってきたら

左側の筋肉が引きつってました…私にはちょっとハードすぎたみたいです。

でも、普段使ってない筋肉を存分に使って吸気を入れるので

随分「いい運動」なったのではないかなぁと思います。

横腹や背中を触ったときに膨らむのが分かるように息を入れると教わり、

それをしたときに左側の横腹と背中の筋肉が痛くて

まだまだ呼吸が浅く、左の筋肉の動きが鈍くなっているをイヤほど感じました…

さあ…呼吸ももちろんのこと、譜読みや歌詞が「かなりやばい」事もイヤほど感じ、

果たして私は本番に出ることができるのか危機的な状態になってきました(苦笑

それでも、明るい雰囲気の合唱団に精神的に救われます。

歌を歌う人は、明るい人が多いのでしょうか。

歌を歌う事で明るくなるのでしょうか。

ほんとに皆さん、パワフルで明るくて、ものすごく元気をもらえます。

…自分の両親よりも年上の人たちが多いのですが…みなさんホントに素敵な顔つきをしておられます。

仕事を探さないといけない時期に来ていますが、

この合唱団にい続けることが出来ることが条件の一つになるかも!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

歩行中、車を信用しちゃいけません。

もう少しで跳ね飛ばされるところでした。

よく通る道で、信号の無い横断歩道のある三叉路なんですが

割と車がよく通り、また優先道路側がなまじ広いから

細い方の道(抜け道)に歩行者確認もろくにせず出入りする、

でも、高齢の方や子供もよくそこの横断歩道は通るところです。

2輪に乗っていたクセもあり、

そこを渡る時は後ろから来る車が曲がってこないか

必ず振り返り、車の速度や方向指示器を確認してから渡るようにしています。

ついさっきも、そこを渡ろうとしたとき、

同じように後ろを振り向き、確認をしました。

少し離れたところを車2台が走っています。

先頭はスピードダウンして指示器をだしていました。

曲がってくる車を一台やりすごし、再度確認。

後続車は、スピードダウンする様子も無く、指示器も出していません。

逆にエンジン音からアクセルを踏んだようです。

で、そのまま渡り始めました。

ところが。

気配がしてふと横を見ると、スピードを落とさないまま後続車がこちらに曲がってきて

もう自分の横に来ていました。

咄嗟に後ろに跳ねのきました。

車は、私の服がかすれるかというぐらいのところを、僅かにハンドルを避けるように切りつつ、さっき私がいたところを通過してから、

スピードダウン。

止まりきれずにかなり進んだところで止まりました。

唖然として車を見続けていると、

遠くから車に乗ったまま窓を開けて

「すんませーーん」

降りてきて大丈夫だったか確認することなし。

降りてきて顔見せて謝ることなし。

あまりにも呆れて

「すんませんやないでしょ」といいました。

で、降りてきて謝りに来るかと思いきや、車は走り去ってしまいました。

たまたま、痛みがない右側の足を前に出していたので

踏ん張りがきいて後ろに飛びのけることができたものの

踏ん張りの利かない左側の足が前だったらと思うとぞっとします。

車はベンツ。足回りやブレーキ性能がいい車だったのも幸いだったでしょう。

あれがもっと性能が悪い車だったら少しは私を引っ掛けていた上、ガードレールにぶつかってるでしょう。

もう少し、道を歩くときには気をつけようと思います。

暗くて見えなんだけど、黒っぽいベンツの恐らく大阪ナンバー「55」のヤツ。

あんたのモラルと運転やったら、近いうちに事故起こすで。

という本音もあるですが、

一方、自分の「見切り」判断だったのも否めません。

自分の危機管理ももう少ししっかりしたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

冬の匂い

昨日は雨がパラついた1日でした。

雨が降ると、ぐっと気温がさがります。

日が沈むとすっかり空気は冬の匂い。

この空気の匂いをかぐと、数年前の2輪の納車日のことを思い出します。

もうアレからそんなにたったんだ…。

空気の冷えから、少し痛みがきつい一日でした。

先日、ネットで見つけた、また別の会社の説明会に出席してきました。

説明会を聞いてから採用試験に申し込むか決めようと思っていたため

面接希望の場合は書類を提出する必要があったところ何も持参せず参加したのですが、

流れで書類も提出していないのに面接もありました。

痛みが増していて、ろれつがうまくまわりませんでした。

久しぶりな「きちんとした話し方」をしようとしても、

以前のように言葉が口からでてきません。

声も前に出ず、こもった声でした。

そんなに緊張していなかったのに。

かなり、緊張感がなくなって頭のネジが緩んでいるのをイヤというほど感じました。

本気で「頭のリハビリ」に取り組む必要があると、痛感しました。

寒いけど。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月11日 (日)

まだ療養中ではありますが

そうはいってもこれからどうするという問題にも直面しているので

緩みきった頭へ刺激を与えないとと思い、インターネット等でボチボチ仕事情報を拾い探し始めています。

そこで、「あ、これはどんなだろうか」と思う情報があったため、

先日、ある会社の説明会へ行ってきました。

内容はさておき、

…でました、適性検査。

それでなくても頭緩んでるというのに、こういった種類の「テスト」を受けたのははるか昔の話。鉛筆握って文字を書く事すら久しぶりかも。

でもって、その適性検査、まああ頭は見事に回りませんでしたが

何が困ったかって…字。字ですよ、字。

書くほうじゃなくて読むほう。字が細かくて・・・・み、みえにくい・・・

え?見えにくい?ん?見えない?ん?ん?

思いもよらないところで、頭によぎった言葉。

「老眼」

…うそぉ~ん…(汗

近眼だったら老眼になるの、遅いって言うじゃん~

それでなくても老眼にはさすがにまだ早いよぉ~

お願い、コンタクトの具合がおかしいからと言って…

近々、眼科に行って見てもらおうと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

急遽・・・

最近知り合った事が縁で、

急遽、その方が所属されている合唱団が出られる「第九」の演奏会に

出させていただくことになりました。

その知り合った方が別件で出ることができなくなり、声をかけてくださったのですが

マタイ受難曲で毎回凹んでいる私としては、とうの昔ではあるけれど歌ったことのある第九なので、むしろ自信を保つのにいいかもと喜んでお受けしたのですが…

先日、練習に行って来ました。

…いよいよ、自信喪失…

歌詞、うろ覚えすぎて余計たちが悪い…

そして、通しで歌うと最後は体力が持たずに声だせず。

やはりここでも「お荷物」になってしまうのか…(大汗

楽しんで歌いたぁい~~~!!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »