« 年末年始、なにしてたかというと… | トップページ | お歌はつづけてるのです。 »

2008年1月17日 (木)

療養者から失業者に

先日、とうとう傷病手当金が支給される期限が切れ、

その後、主治医と充分相談した結果、

「就業可」の状態になったと診断いただき、

現在「失業者」になりました。

で、その証明書を持って病院から直接ハローワークへ行って手続きをしたのですが、

かなり衝撃を受けました。

想像をはるかに超えた手当金の低さ…。

昔に一度支給を受けたことがあるのですが、

その頃から比べて離職前は年収では200万近くアップしていたのに、

以前の支給額と比べて、日額が2000円以上も低い…!!!

むちゃくちゃ厳しくなってます。

しかし、この手当金では、家賃、水光熱費、社会保険料、通信料だけで既に赤字です。

就職活動の費用はおろか、食費さえままなりません。

そんな現実にぶち当たり、途端に大パニックなこのごろです。

この、就労先を再度見つける体力を確保できない現実に、もう大慌てです。

手当金支給してもらえる期間でなんとか…なんて流暢な事いってる余裕ゼロ。

かなり財源が厳しくなってる事と、その対策の為の「支出」の締め付けの方法に

大きな疑問を感じました。

自己責任とはいうけれど、その言葉のゆがみを感じました。

治療に専念するため、療養期間中は体がいいほうに向かうために治療費の他にも医療に該当しない出費を惜しまなかった結果、貯蓄がなくなり、かなり逼迫し始めました。

そんな環境に急になった現実の中で、

どれだけ笑顔を保てるか。どれだけ冷静さを保てるか。

自分を試される期間に突入しました。

なるべく、自分の周りの環境を、建設的な言葉に満ちたところに置いて

突破しようと思います。

しかし…ここまで厳しくなってるとは思ってなかった(大汗

基本手当ての日額計算の率、理由関係なく年齢で決まるそうです。

(解雇、倒産が理由であるのは別として。)

まだ、まだ私は独身で、それでもなんともならずかなり危機状態なのに、

扶養家族のおられる方々はいったいどうなるんだと思いました。

元々、健康優良児だと自負してた私がまさか体を壊してこうなるとは思いもしなかった状況です。

健康には自信があるという方でも、早くに、リスクヘッジを考える必要があると思います。

別に保険会社の回し者ではありませんが…

仕事見つけるぞおおおおおおおお!!!!!

« 年末年始、なにしてたかというと… | トップページ | お歌はつづけてるのです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 療養者から失業者に:

» 失業保険 [保険辞典]
保険用語について解説しています。 [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 (水) 13時10分

» ハローワーク失業保険 [保険辞典]
保険の用語について解説しています。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 1日 (金) 12時28分

« 年末年始、なにしてたかというと… | トップページ | お歌はつづけてるのです。 »