« 仕事がきまりました | トップページ | 共感 »

2008年3月16日 (日)

まだ出費は痛いけど、靴は大事だから…

新しい勤め先への出勤日を間近に向かえ、

何が不安って、仕事内容は、まぁ、不安がるより「慣れろ」なのでそこまでナーバスにはなってないのですが、

強烈に不安なのは

① 朝起きれるか

② 10年近くぶりの1時間以上の電車通勤に耐えれるか

しかも、最後に電車通勤したのはガラッガラの電車だったので、ゆったり座って重い存分新聞を広げることができた、お気楽通勤。

今回は超満員、立ちっ放し。そんなのを経験したのははるか昔のこと。しかもその時は健康と体力には「超」自信あり。

一方、今年に入ってからはじめた就職活動で久しぶりにパンプスを数時間履いただけで、腰痛はひどく、翌日まで体がギシギシ、わずらってる半身全体にこわばりは広がり、顔まで引きつる始末。

これは何か対策をとらないと、せっかく得た職が…(汗

ということで、体に優しそうな靴を用意しました。

それは、

  ドクターショールのサンダル。

ラインアップの中でも、一番スーツに合わせやすそうだったのと、

この型は「Back Guard」というシリーズで、床から来る衝撃を吸収して背中や腰をサポートしてくれるんだそうで、私にピッタリかと。

それと、もうひとつ。

次の職場は事務所内はゴム底の上履きが必要で、基本は外出が多い職ですが、恐らく当初は事務所にいる時間も長いと考えて、

事務所内用には

  アーチフィッター シリーズのサンダルを用意しました。

若い頃から外反母趾且つ偏平足なのですが、これは足のあたりが気持ちよく、指にもへんな力がかからずにとても楽です。

両方とも5センチ以上のヒールであわせたパンツスーツも問題なく着れるし、それなのに足・腰・背中・首が楽チン♪

持ってる服にパンツが多いので、洋服を新調する事を考えると安くついた方だと思っておきます。

あとは、つま先むき出しの足を満員電車で踏まれる心配と、

朝起きる心配…

 

« 仕事がきまりました | トップページ | 共感 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

痛み出してから現在まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだ出費は痛いけど、靴は大事だから…:

« 仕事がきまりました | トップページ | 共感 »