心と体

2008年4月 4日 (金)

あれから一年

前の会社が休職期間満了のために退職することが決定して一年。

会社と話した後、役員の方が家まで車で送ってくださって、

少し桜を見ようと、近所にある桜並木に車を止めて、しばらく桜をふたりで眺めていたのを思い出します。

近所の桜もまた満開の季節を迎えました。側にいくと、桜のいい香りがただよってきます。

昨日の思わぬアクシデントでかなり不安がぶり返してはいますが、

ありがたいことに新しい職場に通うことが出来るようになり、

去年、桜を眺めていた時には想像できなかった生活が始まっています。

その桜の木も去年よりも大きくなって、枝が剪定されて少し姿を変えています。

時間は止まることなく、確実に進んでいるんだなと感じました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

不安・・・

新しい職場に出勤し始めてまだ間もないというのに、

今日、深夜から痛みで目が覚め、

股関節が強烈に痛くて動けなくなりました。

家の中を動くのもままならず、結局欠勤。

…お願い、これ以上痛みでてこないで…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

まだ出費は痛いけど、靴は大事だから…

新しい勤め先への出勤日を間近に向かえ、

何が不安って、仕事内容は、まぁ、不安がるより「慣れろ」なのでそこまでナーバスにはなってないのですが、

強烈に不安なのは

① 朝起きれるか

② 10年近くぶりの1時間以上の電車通勤に耐えれるか

しかも、最後に電車通勤したのはガラッガラの電車だったので、ゆったり座って重い存分新聞を広げることができた、お気楽通勤。

今回は超満員、立ちっ放し。そんなのを経験したのははるか昔のこと。しかもその時は健康と体力には「超」自信あり。

一方、今年に入ってからはじめた就職活動で久しぶりにパンプスを数時間履いただけで、腰痛はひどく、翌日まで体がギシギシ、わずらってる半身全体にこわばりは広がり、顔まで引きつる始末。

これは何か対策をとらないと、せっかく得た職が…(汗

ということで、体に優しそうな靴を用意しました。

それは、

  ドクターショールのサンダル。

ラインアップの中でも、一番スーツに合わせやすそうだったのと、

この型は「Back Guard」というシリーズで、床から来る衝撃を吸収して背中や腰をサポートしてくれるんだそうで、私にピッタリかと。

それと、もうひとつ。

次の職場は事務所内はゴム底の上履きが必要で、基本は外出が多い職ですが、恐らく当初は事務所にいる時間も長いと考えて、

事務所内用には

  アーチフィッター シリーズのサンダルを用意しました。

若い頃から外反母趾且つ偏平足なのですが、これは足のあたりが気持ちよく、指にもへんな力がかからずにとても楽です。

両方とも5センチ以上のヒールであわせたパンツスーツも問題なく着れるし、それなのに足・腰・背中・首が楽チン♪

持ってる服にパンツが多いので、洋服を新調する事を考えると安くついた方だと思っておきます。

あとは、つま先むき出しの足を満員電車で踏まれる心配と、

朝起きる心配…

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

合宿にいってきました。

今度の合宿は、ヨガじゃなくて「歌」。

所属している合唱団の合宿に先日行ってきました。

…想像以上にハードなシュケジュールで驚きました。

歌って歌って食べて歌って歌って食べて歌って歌って…の2日間。

で、帰ってきたら

左側の筋肉が引きつってました…私にはちょっとハードすぎたみたいです。

でも、普段使ってない筋肉を存分に使って吸気を入れるので

随分「いい運動」なったのではないかなぁと思います。

横腹や背中を触ったときに膨らむのが分かるように息を入れると教わり、

それをしたときに左側の横腹と背中の筋肉が痛くて

まだまだ呼吸が浅く、左の筋肉の動きが鈍くなっているをイヤほど感じました…

さあ…呼吸ももちろんのこと、譜読みや歌詞が「かなりやばい」事もイヤほど感じ、

果たして私は本番に出ることができるのか危機的な状態になってきました(苦笑

それでも、明るい雰囲気の合唱団に精神的に救われます。

歌を歌う人は、明るい人が多いのでしょうか。

歌を歌う事で明るくなるのでしょうか。

ほんとに皆さん、パワフルで明るくて、ものすごく元気をもらえます。

…自分の両親よりも年上の人たちが多いのですが…みなさんホントに素敵な顔つきをしておられます。

仕事を探さないといけない時期に来ていますが、

この合唱団にい続けることが出来ることが条件の一つになるかも!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

冬の匂い

昨日は雨がパラついた1日でした。

雨が降ると、ぐっと気温がさがります。

日が沈むとすっかり空気は冬の匂い。

この空気の匂いをかぐと、数年前の2輪の納車日のことを思い出します。

もうアレからそんなにたったんだ…。

空気の冷えから、少し痛みがきつい一日でした。

先日、ネットで見つけた、また別の会社の説明会に出席してきました。

説明会を聞いてから採用試験に申し込むか決めようと思っていたため

面接希望の場合は書類を提出する必要があったところ何も持参せず参加したのですが、

流れで書類も提出していないのに面接もありました。

痛みが増していて、ろれつがうまくまわりませんでした。

久しぶりな「きちんとした話し方」をしようとしても、

以前のように言葉が口からでてきません。

声も前に出ず、こもった声でした。

そんなに緊張していなかったのに。

かなり、緊張感がなくなって頭のネジが緩んでいるのをイヤというほど感じました。

本気で「頭のリハビリ」に取り組む必要があると、痛感しました。

寒いけど。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月25日 (木)

久しぶりに鍼灸の先生へ

今年の盆前に行ったっきり、なにかと入用があったためご無沙汰していた鍼灸の先生のところに行ってきました。本当はそんなところを節約してはダメなんですが。

ここのところ左半身の痛みがきつくて仕方がなく、駆け込み寺へ飛び込むような気持ちでした。

久しぶりに私の姿を見た先生は、正直「…なんでそないなるまでほっとくねんな…どないしょ…」と思ったそうです。

相変わらず先生は私から色々話しを聞かずとも「ここ調子悪いねん…」というところをピタリとあて、「こないしてほしいねん」という施術をしてくださり、改めて驚かされました。

2ヶ月以上も開けて伺ったので今回だけでは改善し切れていないのですが、

嬉しかったことは、先生から

「以前と違って、メンタル面へ働きかけるような施術ではなく、明らかに“身体機能”へのアプローチに終始しました。そういう意味では、格段と前進してますよ。」

とおっしゃっていただいたことです。

やー、痛いんですよ。ほんとに。体は。

でも、体の感覚が戻ってきて、やっと機能的な反応を感じれるようになったのかなと。

毎度のように「何とかしようと思いなさんな」と言われていたのに、今回はその言葉はなく、言われた内容が身体の機能的な内容だったことに、「ああ、痛みは増してるものの、総合的にはよくなってきてるんだ」と思うことができました。

改めて、いい先生に会えたと思いました。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月23日 (火)

久しぶりに1日中おでかけ

先日2日続けて1日中お出かけしてきました。

とはいっても朝10時に家を出るてな具合ですが。

楽しかったのですが、正直いうととってもくたびれました。

朝から日付が変わるまで仕事していた毎日をすごしてたのが信じられないくらいです。

そして翌日は一日中脱力して寝込んでました。

急に冷え込んだのもあるのでしょうけれど、

先月の風邪からどうも体調も体力も落ち気味です。

少しずつ体力つけるような日課を設けないといけないかもしれません。

2日出かけただけでここまで疲れたのもショックですが…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

寝返りうってない…

いつまで夏が続くんだと思いきや、急に冷え込んできましたね。

そんなわけで、ここのところお布団をきちんとかぶって寝ることが多いわけなんですが

どうも起きたときにお布団が乱れてないのと、寝はじめと同じ姿勢で目が覚めるので、

「これはもしや…」

と思い、昨晩実験してみました。

タオルやらセーターやら、洗濯がすんで畳んだものを掛け布団の上にまんべんなく広げて、それらが乗ってるお布団の中にそーーーっともぐりこんで寝付きました。

朝。

掛け布団の洗濯物がほとんど乱れずにそのままの姿で乗ってました。

…また寝返りを打たなくなり始めてるようです…(汗 どないやねん…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

やばーーーーーいっ!!!

お歌の稽古、譜読みが終わり、本格的に曲想をつけての練習になってきました。

ドイツ語の発音にも注意が入ってきます。

タダでさえ途中入団な私、ドイツ語どころか旋律もままなりません。

今回の練習では始終うつむいて楽譜と仲良しになってました。

…本番だしてもらえるのか…

やばい…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

久しぶりの歌の稽古

先週風邪でおやすみしてしまった歌の稽古にいってきました。

せっかく熱が下がりましたが、ちっとも慣れないドイツ語の歌詞のおかげで知恵熱がでそうです。

途中入団だったため、先々週のレッスンで譜読み・歌詞付けは全て終了していて、今日はとっても苦手な場所の練習はあるわ、歌ったことの無い場所はあるわで、

落ち込むのを通り越して、レッスンが終わる頃にはお腹の底から妙な笑いが湧いてきました。

でも、周りは歌いこんでおられる方も多く、バッハの、不思議な旋律が折り重なる歌声に随分と感動しました。

昔からCDで聴いていた曲のコーラスが、パート毎に分かれるこんな複雑で不思議な旋律から成っていたのをはじめて知ったりして、初めて見学に来たときに感じた感動と少し似たような感覚にひたりつつ、

歌詞はおいつかないので「うううう~おおうあああああ~~」とうなり声にも似た声でメロディーだけどうにかついていってましたが

レッスンが終わると、やっぱり落ち込む気持ちもありつつも、気持ちのよさを感じました。

間違ってもいいやいっという度胸も手伝って、声が少しずつ出せるようになってきた体と思います。

横隔膜がピクピク言ってますが、とてもとても気持ちがいいです。

改めて、音楽っていいなあ、歌を歌うっていいなあと思いました。

しかし、本番までにドイツ語の歌詞で歌えるように果たしてなるのか…。

綺麗に光ってる、満月間近のお月様にお願いしておこう。

| コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧