日記・コラム・つぶやき

2008年5月13日 (火)

いたいーー(泣

低気圧大っきらいーーー!!!

気温の変動、大っきらいーーー!!!

痛いよぅーーーーーーーー(泣

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

玄関のドアに贈り物

仕事を再びしはじめてから1ケ月少し経ちました。

以前の仕事とはストレスの度合いは比べ物にならないくらい違いますが、それでも「プチストレス」が蓄積し、それに天候の変化も加わって、特にこれといった仕事らしいこともまだしていないのですが帰りがヘトヘトになり始めています。

先日も妙にくたびれて家に到着しました。

そしたら、玄関先にスーパー袋がかかってます。

「ん?」と思い中を覗くと、前職の時も、療養していたときも、何かと気にかけてくださったご近所の方のメモといっしょに

果物とおかずが入っていました。

『お帰りなさい。お仕事おつかれさま。慣れてきましたか?おすそ分け、よかったら食べてください』

涙が出るほど嬉しかったです。

とっても心が温まりました。

人って、本当に暖かい…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

情は人のためならず

今日、とてもありがたい経験をさせてもらいました。

帰りの電車の中で、なぜか涙が出てきました。

新しい職場に勤め初めて20日強。これまで自分が持っていた価値感とか文化とかとは全く違う環境に身を置き、少々「訳の分からない」ストレスがたまり始めています。

それはしかたのないことだと思います。全く常識の違う法人に飛び込んだのですから。

でも、理性では分かっていても感情が暴れだしてイライラしています。

そんなイライラをリセットしようと帰りに喫茶店に寄ったものの、やはりイライラ感が消えず、プリプリしながら電車に乗りました。

乗り換えの駅で、やはりプリプリしながら歩いていたら、大勢の仕事帰りの人でごった返している中、少し人の流れが乱れているところがありました。

何かな?と思うと、お一人、年配の白い杖を持った方がなれない様子で右往左往しながら歩いておられて、その方を避けるような形で帰宅を急いでる人達が早足で横を通り過ぎていました。

どう見ても、年配の方は白い杖のベテランといえない動き。しかも見るからに全盲でらっしゃる。年齢がある程度とられてから全盲になった方だと感じました。

その脇をかする距離感で足早に帰宅を急ぐ人達。大勢の人達が行き交う場所であまりにも危険そうに感じ、声をかけてサポートさせていただきました。

下りる駅をお聞きし、その駅で一緒に降りて改札までだったのですがご一緒させていただきました。全盲の方をサポートするのは初めての経験です。

ご一緒してる間に杖にかわいいマスコットと外国のキーホルダーがついているのに気付いて、「お孫さんからですか?」と声をかけさせていただくと、その方、

「いやー、恥ずかしいんですけどね、家の者が“お守りだから恥ずかしがらずにつけろ”っていうんです。」

と話してくださいました。そして、携帯電話を出して、恐らくその方は見た事の無いであろうお孫さんと映っている、待ち受け画面に設定している写真を見せてくださいました。

とても愛情に溢れた写真。

そして、マスコットを大事そうに指でなぞりながら、

「これ、色がついてますか?何のマスコットなんでしょう?」

色と何のマスコットなのかお伝えすると、とても嬉しそうに改めて大切に大切に指でなぞられました。

降りられる駅で一緒に降り、改札までご一緒させていただきました。

体の向きを変えると方向が分からなくなるはずなのに、改札を出た後わざわざこちらを向いて頭を下げていただきました。

不安は的中、見守っているとやはりその後方向感覚を失い、壁に突き当たったりされてしまいました。

見かねて駅員さんに声をかけると、その駅員さんは素晴しくすばやい対応をされました。

とても、とても勉強になりました。小学校の頃に「人」という字の成り立ちを教えてもらった事を改めて痛感しました。

後続の電車に乗って一人になったとき、一連の行動の中で、愛情をもらえたのは自分であったことがジワジワと湧き上がり、涙が止まりませんでした。

「情け」という言葉は決して、上から下へ行うものでない事、そして自分のための「人」としての変えがたい勉強と財産であることを実感しました。

同時に決して「自己犠牲」でない事。

気付けば、プリプリしていた感情は微塵もなくなっていました。

感謝以外の何者でも無い、とてもとても貴重な時間を得ることが出来ました。

人って温かい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

眠たいんです・・・

朝の早起きが始まって約半月ほど経ちます。

昼ごはん食べた後、異様に眠たいです。

帰りの電車の中、異様に眠たいです。

昔の睡眠時間と比べると「きっちり」寝てるんですが…ね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

あれから一年

前の会社が休職期間満了のために退職することが決定して一年。

会社と話した後、役員の方が家まで車で送ってくださって、

少し桜を見ようと、近所にある桜並木に車を止めて、しばらく桜をふたりで眺めていたのを思い出します。

近所の桜もまた満開の季節を迎えました。側にいくと、桜のいい香りがただよってきます。

昨日の思わぬアクシデントでかなり不安がぶり返してはいますが、

ありがたいことに新しい職場に通うことが出来るようになり、

去年、桜を眺めていた時には想像できなかった生活が始まっています。

その桜の木も去年よりも大きくなって、枝が剪定されて少し姿を変えています。

時間は止まることなく、確実に進んでいるんだなと感じました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

不安・・・

新しい職場に出勤し始めてまだ間もないというのに、

今日、深夜から痛みで目が覚め、

股関節が強烈に痛くて動けなくなりました。

家の中を動くのもままならず、結局欠勤。

…お願い、これ以上痛みでてこないで…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

お歌…つづけてますが…

練習していた歌の本番が先月あり、感動、感動、感動の波…

を感じていたのもつかの間、

本番の直後の練習日にはもう次の曲の練習が始まっています。

まだ仕事のほうも、そう仕事らしい事もできていないので、定時にちゃちゃっと帰らせていただいて練習に参加しています。

しかし、次に歌っている曲がこれまた難しい。

前の曲より更に更に難しいです。

ついていけてない「度合い」が、前の曲とははるかに違います。

でも、とても気分転換にもなっています。

で、でも、練習後の落ち込み方とストレスのたまり具合はハンパじゃありません。

歌える日はやってくるのか…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

早起きの生活

出勤し始めてから朝6時前に起きる生活が数日続いてるのですが、

改めて朝早く起きて朝日を浴びるのは、とっても気持ちのいいものなのだなと感じます。

…しかし、毎晩「朝起きれるか」という恐怖は続く…

それに加えて、お昼ご飯を食べた後の眠気との戦いという恐怖…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

なるほどな言葉

職が決まった事で、節約してはいけないところを節約していた日々が続いてたところ、2ヶ月以上ぶりにお世話になっている鍼灸の先生のところに行ってきました。

そこの先生に言っていただいたこと、

「受け入れることと流すことを心がけてくださいね」

言われて「ハっ!」としました。

できるできないは別として、とても納得しました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

共感

話した相手が、まるで自分の事のように喜んでくれる事って、強烈に嬉しくありがたい事だと思いました。

自分もその人達のように、「共感」できる心を持ち続ける人でありたいなと、心底感じました。

本当にありがたい…!!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧